IT/Web転職

フリーターがお金を稼いで貧困から抜け出す3つの戦略

フリーターであることの最大の難点は、稼げる金額が低いために貧困層に陥ってしまうこと。特に日本社会の場合、一度フリーターになってしまうとそこから這い上がることが難しいのが現実です。

フリーターの状態から這い上がることができず、何年何年もフリーターのままだと、家族を持つことはおろか、もらえる年金の額も少なくなるなど、将来への不安がものすごい大変ことになります(年金の場合、もはや若年層はもらえることが絶望的といわれますが)。

しかしそんなフリーターの状態でも、抜け出す方法はいくつかあります。今回はフリーターから抜け出すためにお金を稼ぐにはどうしたら良いかについて、紹介したいと思います。

 

結論から言うと、IT系の技術職への就職を目指そう!という内容です。

こんな人向けです
  1. 手取りが少なくて困ってる人(月20万以下)
  2. 給料が増える見込みがなく将来への希望が持てない人
  3. 上京や留学といった夢があるけどお金が理由で苦しんでる人

上記の悩みを持つ人にとって、何かしらの参考になれば幸いです。

大前提:フリーターからは早めに抜け出すべき

雇用形態別賃金推移表(厚生労働省より)

いきなり煽る形になるのですが…、厚生労働省による賃金構造別基本統計調査によると、正社員と正社員以外(つまり派遣やパート・アルバイトなどのフリーター)とで、賃金に大きな差が生まれることが分かっています。

特に30代を超えてくると、正社員は賃金が上昇する一方で、正社員以外だとほぼ横ばいとなっています。つまり、正社員以外だとお金を安定的に稼ぐのが難しくなってしまうのが現実です。

そのためフリーターは30代までになんとか正社員になれるのが良いのですが、日本社会では一度フリーターになるとなかなか這い上がれないのも事実ですよね。。

こうした状況を踏まえ、ではどうするのが良いのか、私なりに調べた結果を次の段落で紹介します。

フリーターが現実的にお金を稼ぐ方法

金銭面で苦しいフリーターが、一刻も早くフリーターを抜け出すためにはどうしたらいいのでしょうか。私は、大きく分けて次の3つの方法を選択するのが良いと考えています。

フリーターから抜け出す方法
  1. リゾートバイトで貯金を貯める
  2. 治験ボランティアに参加して貯金を貯める
  3. 貯めた貯金でスキルを身につけてIT派遣で技術職に就職

それぞれについて解説していきますね。

その1.リゾートバイトに参加して貯金を貯める

1つ目はリゾートバイトです。リゾートバイトとは、ホテルや商業施設等へ期間限定で住み込みで働くバイトのこと。

時給自体は決して高くはありませんが、住込み生活により光熱費や食費が基本的に一切かからないため、割と大きな金額を貯金することが可能です。

1ヶ月で25万くらい稼げる人も多いようですね。↓

もちろん、バイト自体は決して楽なものではなく、結構な体力・精神力がないと厳しいのは確かです。しかし期間限定の仕事であるため、なんとか乗り越えることは不可能ではありません。

リゾートバイトはワーキングホリデーやフィリピン留学へ行きたい人が通る道でもあるため、まとまったお金を貯めるには有効な方法ですね。

特にリゾートバイト初心者の人は、はたらくどっとこむというサービスがオススメです。詳しく知りたい人はチェックしてみて下さい。↓

20代から移住を試せる
お試し移住ができる仕事「はたらくどっとこむ」について調べてみた【口コミ・評判】リゾートバイトという、全国の観光地にて期間限定で住込みで仕事ができる&しかも生活費がかからずにお金を稼げて貯金ができるサービスがあります...

その2.治験ボランティアに参加して貯金を貯める


2つ目は、治験ボランティアに参加することです。治験は期間限定で入院し、その間に投薬をすることで薬の効果を検証します。そのため、入院期間は病院に拘束されますが、ボランティア協力費として報酬をいただくことができます。

治験というと安全性は大丈夫?といった声もありますが、もし万が一体調面に何かあったとしても途中でボランティアを辞退することもできますし、諸々に掛かる保証がなされます。

もちろん、内容によっては投薬による身体への影響が出る可能性がゼロではありません。それでも相当の安全性が確保されているため、そこまで不安に覚える必要は無いと言えます。

様々な治験ボランティアがあるため、自分が試してみたいと思ったものや、身体にあわなさそうと思ったものは避ければOKです。

その3.スキルを身につけた後にIT派遣で技術職に就職する

そして3つ目が、IT系の技術職に就職することです。

何故IT系派遣サービスの技術職かと言えば、

  1. スキルを学ぶ環境が整っていること
  2. 派遣でも時給2000円以上の案件が多数あること
  3. 人手不足の影響で未経験OKの求人もあること

この2つが大きなポイントです。

IT技術職の派遣で時給2,000円であれば、額面でも月28〜30万円くらいには到達する計算になります。その後、数年掛けて技術を磨いて転職すれば、年収で500万程度なら超えることは決して不可能ではありません。

もし自分の技術力に不安を感じるならば、リゾートバイトや治験を通じて稼いだ金額で、TechAcademy [テックアカデミー]等でプログラミングを学び、自らスキルアップに投資するのもありです。

オススメのIT派遣は、パーソルテクノロジースタッフです。未経験OKかつ単価も高い求人があるので、IT派遣で探すなら必ずチェックしておくことをオススメします。

未経験でもWebマーケティングの仕事が狙えるIT系派遣会社5選未経験からWeb業界やWebマーケターを目指すなら、正社員だけでなく派遣という選択肢もありです。定時で帰れる、紹介予定で正社員を目指せる等、メリットはたくさんあるからです。正社員転職が上手く行かなくても、実務実績を元手に転職することも可能できます。...

最後に:楽ではないが抜け道は必ず存在する

tokyo-frontier

もし今、あなたがフリーターで金銭的に苦しい状況に置かれているとしたら、ここで紹介した方法のいずれかを用いることで、脱出できる可能性は高いです。

特に一番最初は、リゾートバイトや治験ボランティアを通じて種銭を貯めるところからスタートするのが良いでしょう。

その後、プログラミングスクール等を使ってITスキルを身につけた後、時給2,000円前後のIT派遣で技術職(エンジニアやデザイナー等)に転職すれば、月給でも手取りで25万近くは稼げるようになるはず。

なので、たとえ今はどんなに苦しくても、決して最後まで諦めないで下さい…!

おまけ:貧困から這い上がったとある女性の話

Photo by Andrew Neel on UnsplashPhoto by Andrew Neel on Unsplash

現在貧困で苦しんでいる人に是非とも読んでほしいのが、東洋経済にあるこちらの特集。

恵まれない境遇に置かれていたとある女性が、24歳の頃にIT転職を通じて貧困から抜け出すことができたお話です。

現状貧困から抜け出せずに苦しい思いや悔しい思いを感じてる人、同様に貧困に苦しんでいる女性にとって、何かしらの参考になるはず。私もこの特集に大分勇気づけられました。

私がIT転職をオススメする理由の1つでもあるストーリーです。是非読んでみて下さい。

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
未経験からWebマーケターになるには?
フレッシュなビジネスマン・マーケター
こんな悩みを抱えてる方へ
  1. 現在の仕事よりも将来的に収入を上げたい
  2. 数年後には独立してフリーランスとして働きたい
  3. 今後仕事で食いっぱぐれたくない

「Webマーケター」という職業であれば、始めは大変でも、実務と考え方を身につけることで、一生に渡って自分の武器になれるでしょう。

Webマーケターは未経験でも転職できるの?

という悩みが多かったので、未経験からの転職に強いエージェントをまとめました。

詳しく見てみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA