ブログ運営

WordPressブログを自動集客装置にする7つのステップ

SEO対策は、ブログで集客数を増やすために必要なステップです。

この手のノウハウはGoogle検索で多少調べればすぐ出てくるので、自分で書く必要もないかと思いました。

ですが、最近身近なところで質問される機会が増えてきたので、どうせならということで書くことにしてみます。

多少ざっくりした分け方ですが、概ねこの通りやればブログへの集客数は増やせられます。

というわけで、

  • ブログで集客したい
  • ブログ記事を多くの人に読んでみたい
  • ブログでマネタイズしたい

こんな感じの人向けの内容ですので、気になる方は是非参考にしてみてください。

 

なお、ここで取り扱うのはWordPressブログでの話ですが、はてなブログとかでも同じです。

はじめに:ブログ集客の目的を明らかにする

そもそも何故自分はブログで集客するのか、というところからしっかりと明確にしたほうが良いです。SEO対策はとっても地味でしんどいので。

  • たくさんの人に読んでほしいのか
  • 特定の人に読んでほしいのか
  • サイト上で問い合わせしてほしいのか
  • アフィリエイトでマネタイズしたいのか 等…

 

ブログはあくまでもWeb集客のための一手段であって、目的を明確にすることをお忘れなく。

集客したいターゲット層を決める

まず、自分がブログを使ってどんな人を集客したいのかを考えましょう。

マーケティングでいうところの、いわゆるペルソナ設定です。

ペルソナとは?

年齢、性別、職業から、どんな悩みを抱えていて、どんなことを調べているか…など。

ここはどちらかというと、集客したいユーザーが具体的な人物像をイメージできるかどうかが大事になります。

このユーザー像がはっきりイメージできないと、誰のための記事なのかよく分からないものが仕上がってしまうことも。

…とはいえ、自分の知らん人のことをイメージするというのも難しいのは事実です。

初心者の場合は、「かつての自分」をペルソナに設定すると、大分やりやすくなります(もちろん、コンテンツもかつての自分が欲しただろうものを用意します)。

記事のコンセプトを決める

集客した記事を通じて、「ユーザーにどうなって欲しいのか」をしっかりと考えておくべきです。

検索ユーザーは誰もが時間がある人ばかりではないので、自分の悩みを解決できなさそうな、しょーもないことしかないな…と思われたら離脱しちゃいます。

そうするとGoogleからは、

Google神
Google神
このサイトは質悪いな、ほなさよなら〜

と判断されてしまい、検索結果に出にくくなります。。。

2に基づき集客する「キーワード」を選ぶ

自分のブログに来て欲しいユーザーが、どんな悩みを持っていて、どんな検索クエリで検索をするのかを意識しながら、キーワードを選定します。

検索されるキーワードには、必ず検索ユーザーの「意図」があります。

その検索意図をしっかりと理解し、ユーザーの悩みを解決できる記事を書くことこそが、集客を可能にします。

集客したいキーワードで実際に検索してみる

記事を書く前に、まず自分で一度集客したキーワードで調べてみてください。

そうすると、どんな内容のページが1ページ目に表示されているかが明らかになります。

そして1ページ目に表示されるコンテンツとは、ユーザーの満足度が高いとGoogleが判断したものです。

 

なので、どんな内容の記事を書けば上位に表示できるかは、実は1ページ目を見ればある程度分かります。

あるキーワードについて調べてみると、1ページ目に出てくる検索結果はどれも検索意図が異なっているはずです。自分が集めたいキーワードについて、どんな結果が出ているか、必ずチェックしましょう。

いざ、実際に記事を書いてみる

実際にキーワードを調べたことで、どんなコンテンツが表示されやすいかがわかりました。

そしたら、いざ記事を書いてみましょう。

できればこの時から、ある程度記事執筆に慣れておいたほうが良いです。

ブログ記事の作成は一見簡単そうに見えますが、実は「人に読んでもらえる」記事の執筆は人の想像以上にハードルが高いです。

書き慣れてない場合、途中で投げ出してそのままブログをやめてしまうことも(これがブログ始めた人全体の95%に該当するんだとか)。

 

だからこそ是非、記事を書くことだけでも習慣化しておいてください。

それができれば、検索上位表示できる記事をかけるようになるでしょう。

時間を置いた後にログ解析を実施して答え合わせ

ブログは記事を書いて検索エンジンにインデックスされるまでに時間がかかります。

2〜3ヶ月くらいかかりますが、キーワードによっては半年くらいかかることもあるとか…。

なので、記事を公開してある程度期間を開けたら、アクセス解析ツールやサーチコンソールを使って必ず見直してみましょう。Googleアナリティクスとサーチコンソールは登録必須です。

必ず登録&設定すべきが次の2つ

  1. Googleアナリティクス:ページを訪問したユーザーの情報がわかります。
  2. サーチコンソール:検索された検索語句(ユーザーが入力したキーワード)のボリュームや平均掲載順位、クリック数等がわかります。

ここをしっかりやるかどうかが集客改善につながる大きな分かれ目です。

自分もそうでしたが、ここを取り組まないと記事増やしても然程アクセスは集まりません。無駄な時間を過ごさないためにも、ご気をつけくださいね。

3〜6を繰り返す

ひたすら3〜6の行為を繰り返します。

これを継続することで、ブログも段々育っていきます。

ブログ初心者ほど、まずはクオリティよりも数をこなしましょう。

 

そして、検索エンジンからの集客とはどういう趣旨なのか、どういうアルゴリズムで動くのか…まではいかなくても、

こうすれば上位表示できんじゃね?

って感覚が分かるようになります。

この感覚がつかめるようになったら、数ではなく記事の質を意識しながら、引き続きコンテンツを作り続けましょう。

ここまでくれば、自分が辞めない限りヒットが出せる可能性はあります。

まとめ:ハマれば最強の自動集客ツールに化ける

WordPressブログは、インバウンドマーケティング最強のツールと言えます。

始めのうちは時間も労力もかかり大変になりますが、継続することで次第に検索エンジンからの流入数が増え、ほったらかしでもブログへの集客ができるようになります。

集客が増えてきたら、メールマガジンやLINE@を駆使して、顧客リストを作成するなり、広告を貼るなり、オフラインのセミナーへの誘導等も可能になります。

特に、LINE@やメールマガジン等のリスト取りは、登録してくれたユーザーと、以後もコミュニケーションがとれるようになるためおすすめです(私のブログではやってないですけど…)。

ちなみに、ユーザーの連絡先リストを取得して 以後もユーザーとやりとりを継続して関係性を構築していく手法を、ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)といいます。

どんなに微妙なものでもDRMを使うことでそれなりに売れてしまうと言われていることから、マーケティングの黒魔術と言われてるとか言われてないとか…

 

Web上から集客が必要な人は、是非とも参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
最新情報や登録者限定コンテンツをお届け!
LINE@バナー
配信内容
  1. Webやマーケティングに役立ちそうな情報
  2. アフィリエイトや副業などに関するコンテンツ
  3. ブログ・SNSでは書きにくいクローズド限定の裏話

上記のようなコンテンツをお届けするLINE@を作りました。

ブログ更新情報の他、ブログやSNSではなかなか言いにくいクローズド向けの情報・コラムを登録してくれた方限定でお届けします!

▼HaraKitのLINE@に無料で登録してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA