今年読んだ本まとめからの2016年の振返り 〜本 Advent Calendar 2016〜

プログラミングイベント

ブログの方向性&スタイルを変更予定のHaraKitです…。

ブログの更新がしばらくできてなかったな…(汗)

ともあれ、今年読んだ本をまとめて、どんな一年だったかを振り返ってみたいと思います。

記事にしたものについてはリンクから詳細レビューへ飛べます。

 

2016年に読んだ本一覧

読んだ本は次のとおりでした。

  • 嫌われる勇気
  • 人を動かす
  • ここらで広告コピーの本当の話をします。
  • ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!
  • 「言葉にできる」は武器になる。
  • 沈黙のWebマーケティング―Webマーケッターボーンの逆襲―
  • 沈黙のWebライティング―Webマーケッターボーンの激闘―
  • 10倍売れるWebコピーライティング
  • 究極のセールスレター
  • 入門SEOに効くWebライティング
  • WebクリエイターのためのWebマーケティング
  • いまさら聞けないWebマーケティング 初歩から学べる集客のセオリー
  • ダン・S・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門
  • ダン・S・ケネディの世界一シビアな「社長力」養成講座
  • アダルト・チルドレン 生きづらさを抱えたあなたへ
  • アダルト・チルドレンの子どもたち
  • 繊細で生きにくいあなたへ 36の幸せヒント
  • 敏感すぎて困っている自分への対処法
  • 毒親育ち
  • ラブホの上野さんの恋愛相談
  • 「キャリア未来地図」の描き方
  • 煩悩フリーの働き方
  • 働くことがイヤな人のための本
  • ひとりぼっちを笑うな
  • はじめての不倫学
  • よのなかを変える技術
  • 心の疲れをとる技術
  • (漫画を含めると更に…)

 

見返してみて

こうしてみると、2016年はWeb系だったり、マーケティング、コピーライティングに関する本や、生きづらさ等のメンタル・自己啓発に近いものを中心に読んでたんだなぁと感じます。

というのも、自分自身Web業界で本格的に働くことを選び(といっても2・3回くらい会社をクビになってますが)、Web周りの知識をとにかく固めようっと躍起になってました…

SEOってどうしたらうまくいくんだ?

とか、

Google Analyticsってどうやって分析するんだ…?

って、いろいろ考えて、自分なりに実行した年でした(あんまり上手くってなかった気がするけど)。

読んだ本の中でも、特に需要がありそうなもの、自分がレビューを書きたいと思ったものについてはなるべく記事にしようと取り組みましたが、見返してみるとあんまり記事にできてないですね。

 

何のために本を読むのか?

ただ、こうして読んだ本の一覧を見返してみて、

果たしてこの本を読んだことによって、自分の中の何がどう変わっただろうか?

と問い返してみると、

うーん、どうなんだろ?

と、読んで満足して終わり、というのも多かった気がします。

また、Webマーケティングを勉強するときは、最初にガッツリ本を読むよりも、検索エンジンを使ったブログ記事作成やイベント活動等を一度体験した後で読むほうが、内容の理解が深まった気がします。

自分が(よく分からない状態で)トライしたこと・経験したことを、本を読むことで体系化でき頭のなかにストンと落ちるので、何か専門的な知識などを学ぶために本を読む場合は、「本を使って成し遂げたい」目的を踏まえた上で、実践と読書を上手く組み合わせるようにしていこうと思います。

時間とお金も労力も、無駄にはしたくないですよね。

 

小説は読んでなかったけど映画が大豊作だった2016年

もともと小説は読まない方ですが、今年に限ってはホントに読んでなかったなぁ。

それまで、小説読むメリットってあるのかな?と思ってたのですが、人物の人間性やストーリーを細かく把握できるので、想像力を養ったり、いろんな生き方、考え方を持つ人間を知ることができますよね。

マーケティングに関わるならば、自分たちの商品を飼ってもらうのはどんな人か?というのを重要視するので(ペルソナ設計)、色んな人間のことを知るのはプラスになることはあっても、マイナスになることはないです。

 

小説は殆ど読まなかった一方で、その代わり映画にはたくさん足を運びました。

といっても私が観たのは『シン・ゴジラ』と『この世界の片隅に』の2本でしたが(シン・ゴジラは3回足を運びました…)。

他にも『君の名は。』とかも大ヒットでしたし(見に行ってはいないけど)、日本の映画にエヴォリューションが起こった年なのかもしれないですね。

社会の動きの変化によって、人はどのように変化するのか(もしくは変化しないのか)、人間の持つ強さ、これから先の将来をどのように生きるのかとか、これから自分はどうしていきたいのかなぁ、なんてことを映画を通じて考えてました。

少し話が逸れちゃいましたが、本を読んでる時間は結構幸せなので(自分の時間を確保できるので)、専門書・技術書だけでなく、より広いジャンルの本を手に取ってみたいと思います。

 

advent calendarの始めということもあるので、本記事ではこの辺で。

関連記事

「武器としての決断思考」で、意思決定方法を身につけよう!

大阪・本町のおすすめカフェ「CHASHITSU for Worker」レポート!

ゲーミフィケーションで「おもしろき こともなき事を おもしろく」しよう!

勉強におすすめ!大阪・森ノ宮にある図書館カフェ「まちライブラリー@もりのみやキュ...

携帯料金高いとお悩みのあなたへ。格安SIM対応スマホがおすすめな4つの理由

DIY LIFE from LOCAL 参加レポート!!