IT/プログラミングスクール

テックキャンプとTechBoost(テックブースト)を徹底比較【選ぶならどっち?】

テックキャンプとテックブーストを徹底比較

この記事で紹介している「テックキャンプ プログラミング教養」「テックブースト」は、コロナウィルスを取巻く社会情勢の変化により、2020年4月現在から教室を閉鎖しています。

どちらもオンラインによる説明会or相談会を随時受け付けていますので、相談・お申込み頂くことは可能です。

プログラミングスクールを選ぶ際、重要なのは「目的」です。

その理由は、スクールの中には転職に特化したサービスもあれば、教養としてプログラミングを学ぶものやAI・機械学習といった高度な分野を学習できるものなど、多種多様だからです。

そのため、IT業界に興味はあるけどどのスクールがどう違うのか、自分は何を選ぶべきなのか等、分からないことが多くて悩む人も多いのではないでしょうか。

ハラキット

この記事では、数あるプログラミングスクールを比較して、あなたのキャリア選びやスキルアップの役に立てるよう、スクールごとの違いを紹介していきます。

>>テックキャンプ プログラミング教養の無料説明会に申込む

>>テックブースト(Tech Boost)に無料相談する

テックキャンプ(TECHCAMP)とテックブースト(Tech Boost)を比較してみた

テックキャンププログラミング教養とテックブースト

今回扱うのは、「テックキャンプ プログラミング教養」と「テックブースト」の2つのスクールについてです。

早速、2つのスクールの違いを比較してみました↓

項目テックキャンプ
プログラミング教養
テックブースト
※オフラインコース
運営会社株式会社div株式会社Branding Engineer
教室所在地東京(渋谷・新宿等)
大阪(梅田)
愛知(名古屋)
東京(渋谷)
大阪(梅田)
宮崎(宮崎)
費用(税抜)入学費:¥198,000
月額費:¥19,800
※初月は月額費無料
※入学費は分割OK
入学費:¥269,800
月額費:¥29,800
※社会人の場合
学習内容Webサービス開発
Webデザイン
AI(人工知能)入門
Webアプリ開発
AI・IoT・ブロックチェーン
学習形式オフライン
(一部オンライン)
オフラインコース
オンラインコース
学習内容Webアプリ開発
Webデザイン
AI・機械学習 等
Webアプリ開発
AI・IoT・ブロックチェーン
メンターテックキャンプ卒業生
※現役エンジニアもいる
現役のエンジニア
転職支援原則無し
(エンジニア転職で実施)
※卒業後に就職する人はいる
原則無し
(TechBoost Proで実施)
※卒業後に就職する人はいる
公式サイトテックキャンプ
プログラミング教養
テックブースト(TechBoost)

テックキャンプとテックブーストは、どちらも拠点が東京の渋谷にあること、若いスタートアップ企業が運営していることから、一見似ていると感じる人も多いのではないでしょうか。

両者には次の点で相違点があるので、詳しく解説していきます。

3つの大きな違い
  1. 学習内容:学べる内容の違い(Webアプリ、AI、デザイン等)
  2. 料金体系:料金体系もしくは実際の金額
  3. メンター:卒業生、学生or現役エンジニア

それぞれについて、解説していきますね。

相違点1.学習内容の違い

項目テックキャンプ
プログラミング教養
テックブースト
※オフラインコース
学習内容Webサービス開発
Webデザイン
AI・機械学習 等
Webアプリ開発
AI・IoT・ブロックチェーン

テックキャンプとテックブーストは、どちらも学習内容としてはWebアプリ・サービス開発やAI・機械学習等に力を入れていることが分かります。

テックキャンプは以前ゲームプログラミング等もありましたが、今はなくなってますし、これからの社会で大きく関わってくる分野の学習に絞って、カリキュラムを作っているといえるでしょう。

それぞれ独自のカリキュラムとしては、テックキャンプではWebデザインを学べること、テックブーストではIoTやブロックチェーンを学習できることでしょうか。

またテックブーストでは、PHP LaravelやRuby On Railsなどのフレームワークを学習できます。これらの求人数的には決して多くないですが、将来を先取りして学習するというのは1つの考え方としてありかなと思います。

  • どちらもWebアプリ、Webサービス開発とAI・機械学習といった分野では共通している。
  • テックキャンプでは、Webデザインコースを学べる。
  • テックブーストでは、Ruby On RailsやPHP Lalavelといった新しいフレームワークや、IoT、ブロックチェーン等の最先端技術を選んで学べる。

相違点2.料金体系の違い

項目テックキャンプ
プログラミング教養
テックブースト
※オフラインコース
費用(税抜)入学費:¥198,000
月額費:¥19,800
※初月は月額費無料
※入学費は分割OK
入学費:¥260,000
月額費:¥26,000
※社会人の場合
※分割支払OK

料金体系の違いは、非常に重要な項目ですよね。

テックキャンプとテックブーストでは、どちらも入学金+毎月の月謝という料金体系を取っている点で共通しています。

合計金額で見ると、3ヶ月間学習をした場合、テックキャンプの方がお得に見えますね。

項目テックキャンプ
プログラミング教養
テックブースト
オフラインコース
テックブースト
オンラインコース
費用(税抜)入学費:¥198,000
月額費:¥19,800
※初月は月額費無料
※入学費は分割OK
入学費:¥260,000
月額費:¥29,800
※社会人の場合
※分割支払OK
入学費:¥184,800
月額費:¥29,800
※社会人の場合
※分割支払OK

しかし一方で、テックブーストではオンラインコースもあります。オンラインコースは、オフラインコースよりも入学費が少なく抑えられます。

なので、テックブーストのカリキュラムを少しでもお得に学びたいなら、オンラインコースを選ぶ方が良いでしょう。

  • どちらも「入学費+月額費」という料金体系。
  • テックキャンプは初月のみ月額費が発生しないため。
  • 費用面で見るとテックキャンプの方がお得だが、テックブーストのオンラインコースだと費用を抑えることができる。

相違点3.メンターの違い

項目テックキャンプ
プログラミング教養
テックブースト
※オフラインコース
メンター主にテックキャンプ卒業生
※現役エンジニアもいる
現役のエンジニア

最後にメンター。メンターは学習の質に大きく関わる部分なので、非常に重要な項目になります。

ぶっちゃけ、プログラミング教育はメンター次第で入門者を潰すことも活かすこともできるくらいです(日本には、新人エンジニアを潰してばかりの「自称」ベテランも多いので、、)。

テックキャンプでは、主にスクールの卒業生(中には大学生やアルバイト等も)が中心ですが、テックブーストでは現役のエンジニアを揃えています。

テックキャンプは実際のところ、メンターに様々な人が在籍していますが、上記の内容がその理由のようですね。

マインド重視のテックキャンプ、技術をしっかり固めるテックブースト、とまでいうと言いすぎかもしれませんが、この2つのスクールにはコンセプトに違いがあることは理解しておくと良いかもしれません。

  • プログラミング学習はメンター次第で決まると言っても過言ではない。
  • テックキャンプはメンターに様々な人がいるが、主にはテックキャンプの卒業生が多い。
  • テックブーストは現役エンジニアで固めている。
  • 技術面をしっかりと身につけるならば、メンターはエンジニアにこだわるべし。

テックキャンプ プログラミング教養利用者の声

ここまでは、テックキャンプとテックブーストの違いを比較してきました。

更に、実際にスクールを利用した人の声を見て、実際に利用したときのイメージを膨らませていきましょう。

まずはテックキャンププログラミング教養から見ていきます。

テックキャンプは実のところ、メンターの質を指摘する声がTwitter上のエンジニア等から上がっていたのですが、それでも受講生の満足度や学習を最後までやりきる体制は整っていると言えます。

確かに経験が無いばかりに回答に時間がかかる、バイト感覚の人もいるといった、ムラがある点は否定できないかもしれませんが、IT未経験から学習をはじめて最後までやりきって卒業する受講生が多いのは間違いありません。

テックブースト利用者の声

続いて、テックブーストの評判をチェックしてみます。

テックブーストでは、メンターは皆現役のエンジニアが務めていますが、こちらもカリキュラムのサポートから転職支援のアドバイスまでと、幅広く動き回ってくれていそうですね。

テックキャンプと比較すると、料金面で高いと感じるかもしれませんが、その分テックブーストは教育体制をしっかりと整えているといえるのではないでしょうか。

選ぶならどっち?

最も気になるであろう「で、どっちがいいの?」についてですが、結論から言うと「学習目的による」が答えです。

学べること・学びたい内容で決めるのが一番

テックキャンプとテックブーストは、学べる内容が似ています。例えば、「Webサービス(アプリケーション)開発」と「AI・人工知能」はどちらも学ぶことができますね。

しかし一方で、「Webデザイン」はテックキャンプのみです。

対してテックブーストは「ブロックチェーン」「IoT」といった、最先端の技術を学ぶことができます。

こればかりは、あなたが学びたい、習得したい技術にあわせて選択する他無いと言えるでしょう。

現役エンジニアのメンタリング重視ならテックブースト

プログラミングは学ぶ人間を間違えると成長速度が遅くなること、また実務や開発の現場に詳しい人がメンターかどうかで、学習の質が変わります。

何を隠そう、私は超絶クソみたいな人に教わったばかりに、エンジニア転職に失敗した過去がありましたから…(他力本願な言い方で申し訳ないですが、事実なのでこう言わせてください。。)。

そのため、できることならばメンターは現役のエンジニアである点にはこだわるべき、というのが個人的な意見です。何よりエンジニアのスキルは、最前線にいる人の情報が最も信頼性が高いです。

テックキャンプも以前はメンターの質を指摘する声がありましたが、評判等を見る限りだと、やはりピンきり感があるようです。

そのため、メンターの質にこだわるならばテックブーストの方が良いでしょう。

費用面重視ならテックキャンプも

費用面も非常にシビアに考えるべき問題ですよね。

料金的にはテックキャンプの方がお得ではあるため、テックキャンプとテックブーストの2つの内どちらか選ぶのであれば、費用面がお得なテックキャンプ、という選択もありでしょう。

ただテックブーストでは、学習後に転職を実現した人もいるので、エンジニア転職を目指すならばテックブーストもありでしょう。テックキャンプでもエンジニア転職コースはありますが、費用が高いので少しためらうかなと。。

でも最終的には自分の目的や好みを総合的に判断して選ぶことが肝心です。

最後に:初心者ほど無料体験で雰囲気を掴むべし

TechBoost教室内イメージ

この記事では、テックキャンププログラミング教養とテックブーストを比較していきました。

それぞれ、内容に違いがあるため、自らの目的と予算感から、自分に適した方を選ぶことが重要です。

とはいえ、整理した情報だけでは、実際の雰囲気や学習の難易度等、分からないことも残っています。ですが、わからないことを考え続けても仕方がありません。

なので、より詳しく比較するなら説明会や相談会へ参加して、疑問点を解決した上で、自分に適した方を選ぶことが大切ですね。

>>テックキャンプ プログラミング教養の無料説明会に申込む

>>テックブースト(Tech Boost)に無料相談する

ABOUT ME
ハラキット
大阪→東京。20代後半からWeb業界入りしたのWebマーケター。ITとマーケティングがあれば、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々活動中です。本業は運用型広告が専門。
IT業界未経験でもIT・Webエンジニアになれる?

プログラミングイメージ

結論から言うと、未経験からでもエンジニアになれます。

エンジニアは元々専門的なスキルがないとなることが難しい職業ですが、現代においては、プログラミングを学習できる環境が大分整ってきました。

中でも、エンジニアへの転職支援も想定したIT・プログラミングスクールも多数あるので、これからエンジニアへとキャリアチェンジしたい人にとっては朗報と言えるでしょう。

詳しく記事にまとめましたので、是非チェックしてみて下さい。

エンジニア転職を目指せるITスクールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA