転職ノウハウと豆知識

契約社員と正社員の違いは?働き方の違いとメリット・デメリットを解説

契約社員か正社員か

就職活動をすると、ときどき契約社員募集の求人に遭遇することがありますよね。

見てみたら募集先企業が有名な大手企業で、非常に魅力的に見えるけど、でも雇用形態が正社員じゃない、なんて経験をしてる人もいるでしょう。

  • 契約社員って何だろう?
  • 正社員とはどのように違うの?
  • 契約社員になると損するの?

と思われた方も、結構多いのではないでしょうか。

この記事では、契約社員と正社員の違いについてまとめました。転職活動の際に、雇用形態は重要な要素です。予め調べた上で転職・就職活動に取り組むことが重要になります。

私自身、正社員と契約社員のどちらも経験があるため、自らの経験談も交えながら、解説していきたいと思います。

契約社員と正社員の違い【早見表】

契約社員と正社員の違いがひと目で分かるよう、一覧表にまとめました。ザッとこんな感じです(注:雇用契約により異なる場合があります)。

契約社員正社員
雇用期間あり(有期雇用雇用)
※最長3年
期間の定めなし
業務時間契約内容による全員一律
転勤の有無契約に勤務地を明記した場合なし契約内容による
業務上の責任契約内容による
(業務担当の専門領域など)
非正規雇用より重い
給与と昇給契約更新ごとに昇給見直し定期的に査定あり
ボーナス・退職金原則なし ※例外ありあり
社会保険の適用ありあり
有給休暇の適用ありあり
解雇の有無ありなし(余程のことが無い限り)
福利厚生・手当など一部手当がつかない事例あり交通費・住宅手当の支給あり
プライベートへの影響ローン審査に影響が出る事例あり業務時間外でも接待等がある

まとめた表の内容について、更に詳しく深堀りしてみたいと思います。

契約社員とは?特徴とメリット・デメリット

まず契約社員について見ていきます。

契約社員の特徴:最大3年の有期雇用に基づく労働契約

契約社員の最大の特徴は、最大で3年の雇用期間があることです。これが正社員との大きな違いになります。

そのため、正社員と比較すると自由な身分である一方、待遇面や福利厚生面においては、正社員よりも劣るケースが多いです。

契約社員のメリット:正社員よりも自由度が高い

契約社員の最大のメリットは次のとおり。

  1. 正社員と比較して勤務時間の自由度が高い。
  2. (契約にもよるが)転勤がない。
  3. 職務上の責任も自らの専門分野など限定的であることが多い。

正社員と比較して、就労の自由度が高いことがポイントでしょう。

契約社員のデメリット:有期雇用による不安定な身分

契約社員の最大のデメリットは次のとおりです。

  1. 契約が更新されなければ職を失うこと
  2. 退職金やボーナス(賞与)がもらえない事例が多い
  3. 福利厚生面でも正社員と比較すると劣るケースが多い
  4. 昇給においても正社員と比較すると控えめであることが多い
  5. そもそも給料が正社員よりも低い

やはり最大のデメリットは、契約期間が更新されなかった場合に職を失ってしまうことでしょう。

また、職を失うリスクがありながらも正社員と比較して給与が低いことも懸念事項です(アメリカなどでは逆で、フリーランスなどの不安定雇用の方がその分報酬も増えます)。

正社員とは?特徴とメリット・デメリット

続いて、正社員の方はどうなっているでしょうか。

正社員の特徴:雇用期間の定めがない雇用形態

契約社員の最大の特徴は、最大で3年の雇用期間があることです。これが正社員との大きな違いになります。

そのため、正社員と比較すると自由な身分である一方、待遇面や福利厚生面においては、正社員よりも劣るケースが多いです。

正社員のメリット:雇用が保証された安定性

契約社員の最大のメリットは次のとおりです。

  1. 就業時間は(職場にもよるが)一律。
  2. 契約社員と比較して責任ある(キャリアアップに繋がりやすい)仕事を任される。
  3. 退職金やボーナス(賞与)はもらえる可能性が高い。
  4. 福利厚生面も充実しやすい。
  5. ローンの審査なども問題なく通りやすい

正社員の一番のメリットは、何よりも雇用身分が保証されることにあります。責任のある仕事を任されるのでキャリアアップしやすく、賞与や退職金ももらえたり、福利厚生面も強いです。

さらに、住宅ローン等も非正規雇用と比較して通りやすいことも重要なポイントです。

正社員のデメリット:組織への帰属と強いメンバーシップ

契約社員の最大のデメリットは次のとおりです。

  1. 長時間労働になりやすい。
  2. 人事異動には原則従う以外手段なし。
  3. 飲み会や付き合い残業など「メンバーシップ」「組織への帰属」が求められる。

正社員での最大のデメリットは、組織への帰属が求められること、またそれにより長時間労働の温床になりやすいことです。

働き方改革が叫ばれていますが、未だ多くの企業では体育会系の文化や同調圧力が掛かるところも少なくはないでしょう。

で結局、どっちがいいの?

契約社員と正社員、結局どちらが良いの?という話ですが、重視する基準がどこになるかで答えがガラッと変わります

社会的信用やボーナス、退職金が欲しいなら正社員

私のように未経験から転職で正社員になれないなどした場合には、非正規雇用という選択肢を選ぶこともありだと思います。

  1. 社会的信用が高い(上場企業であれば尚更)。
  2. キャリアアップにつながる職務を経験できるので実績を作れると強い。
  3. 残業が多い組織だと長時間労働になりやすく、過度なプレッシャーにより潰されてしまう人もいる。

個人の技術的な専門性を磨くなら契約社員に軍配が上がる

どちらかというと、フリーランスに近いのが契約社員です。

自らの技術を磨き、自らの責任をもってキャリアを決断していく覚悟が求められるため、安定志向の強い人にはあまり向かない働き方と言えます。

しかし一方で、将来起業する、自分の時間を使って個人事業をするといった人には、契約社員の方が向いていると言えます。

  1. 自らの技術力や専門性を活かした働き方ができる。
  2. 勤務時間や勤務地については正社員よりも融通がきく。
  3. 一方で給与面や福利厚生面は正社員に劣り、雇用身分も不安定なのが注意点。

私の意見:余程のことがなければ正社員一択

まぁ当たり前の話かもしれませんが、独立する、起業するといったキャリアプランを明確に考えている等でなければ、余程のことがない限り正社員一択と言えるでしょう。

とはいえ、わけあって正社員の道を選べなかった方や、未経験転職を通じて非正規になったものの、そこから正社員になれず苦労している人等は、契約社員という選択を選ぶのはアリだと思います。

とは言え企業側も、正社員として雇用するとなれば社会保険や税金の手続きなどで負担が増えます。なので、今後は正社員として就職するハードルが上がる可能性は高くなるかもしれません。

とはいえ、正社員になったから安泰なのではなく、正社員になったとしても自分の力で稼ぎ食べていけるようなスキルと技術を、仕事を通じて身につけていくことが何よりも重要になります。

最後の手段として起業という選択肢があることも、これからは覚悟する必要があるといえるでしょう。

まとめ

ここまでの話をまとめると、次の通りです。

契約社員と正社員
  1. 契約社員と正社員の一番の違いは「雇用期間の定めがあるか否か
  2. 〜なら契約社員が向いている
  3. 〜なら正社員が向いている
  4. 社会保険や有給休暇はどちらも適用される(つまり無ければ違法

最後に:違いを理解した上で選ぶことが大事

正社員の方が、給与面も昇給も優れており、退職金やボーナスも出て、雇用身分も安定しているため、正社員の方が魅力的に映る人もいるでしょう。

しかし一方で、契約社員に向いている適性の人もいるため、自分の置かれている状況や将来のライフプランを考慮した際に、契約社員を選ぶのは選択肢の1つとしてはありでしょう。

とはいえ契約社員は身分が不安定な割に待遇面でも正社員に劣る事が多いため、悩みどころでもあります。

そういうときは、「契約社員でないとどうしても実現できないことがあるかどうか」で、選択を考えてみるのが良いと思います。

契約社員は、派遣社員と同様に自らをフリーランスに近いと考えた方が良いかも知れませんね。

それでも正社員を目指すなら

契約社員という選択肢はありながらも、それでも正社員にこだわりたい!という人はいるでしょう。実際問題として、契約社員だとボーナスも退職金も期待できないですし、何よりいつ雇用契約が切られてしまうか、分かりませんからね…。

そういう人は、優良企業の正社員求人のみを扱う転職支援サービスを活用がオススメです。特にフリーターやアルバイト、派遣の期間が長いと、職歴として評価してくれない企業もあるので…。

こうしたサービスの良い点は、正社員経験がない人でも正社員になれるチャンスがあることです。しかし一方で、20代限定であるケースも多いため(近年では30代でもOKなところが増えつつあります)、手遅れにならないよう早い内に行動することをオススメします。

フリーター、ニートでも正社員を目指せる転職5選
20代フリーター・ニートでもIT企業正社員になれる転職サービス5選今すぐ見てみる↓ この記事は、20代で無職やフリーター、ニートをしてるけど将来を考えて就職したいものの不安を感じている...
ABOUT ME
ハラキット
20代後半から未経験でWeb業界入りしたWebマーケター。ITとマーケティングのスキルがあれば人生をやり直せること、そしてそんな人の力になるべく日々活動中。本業は運用型広告(Google/Yahoo!)ですが、副業の最前線もお伝えしていく予定です。
Webマーケティングで今よりも更に成長したい人へ
ビジネスマン
  1. Webマーケターとして活躍したい!
  2. Webマーケティングを用いて更にキャリアアップしたい!
  3. 未経験だけどWebマーケティングに挑戦したい?

 

Webマーケターに興味を持ち、更に実務を積んで今よりもさらに上流の仕事につきたいと考えるなら、転職の専門家であるエージェントを活用していましょう。

特に、転職経験が少ない人や、転職初心者であれば、転職支援サービスを使うことで、企業が転職希望者に求めていることが分かります。

人生における重大な決断である転職を失敗させないために、良質なエージェントを活用して、キャリアップに挑戦してみませんか?

Webマーケティング転職におすすめの転職エージェント

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA