ライフスタイル考察

iPad Proを仕事で活用できる5つの使い方【もはや何でもあり】

これまでに、タブレット端末って使ったことありますか?

おそらくなんですけど、大半の人にとってタブレット端末って、何に使ったら良いかわかんない…そんな状態だと思うんですよ。せいぜいポケモンGOとか、そんな感じ…?

実際、私もかつてはその認識でした。。。

 

しかし、昨年iPad Pro(2017年版)の10.5インチサイズを購入したところ、これが自分の想像以上に便利で快適だったので、せっかくだから記事にしてみました。

使い方は人それぞれだと思いますが、参考までに私が普段使ってるiPad活用方法について、ご紹介したいと思います。

iPad Proでできる5つのこと

IPadでできる便利なことを一覧にしてみました。

それぞれ解説します!

ノートパソコン代わりにドキュメント作成

キーボードを装着したiPad Pro

iPadはタブレットですが、別売りのキーボードとくっつけることで、ノートパソコンのように使うことができます。

操作した感覚は、ノートパソコンとタブレットを足して2で割ったような感じで、少々慣れが必要かな、という印象です。ちなみに私が使用しているのは、ロジクール製のBlue toothキーボードです。商品名は10.5インチ用の「Slim Combo」(省略)というケース。

用途としては、ドキュメントのちょっとした修正、Chatworkで軽くチャットするとか、参加しているセミナーでメモや記録したいときに、サッと手軽に使えて便利です。

ブログを書いたり、Keynoteでスライドを作るときにも重宝しますが、PhotoshopやAfterEffects等は使用できないので、その場合はノートPCで。

簡単なメモ

簡単なメモ代わりに使えます。こちらはキーボードでタイピングするのではなく、鉛筆のように手書きをするケースです。メモに使う場合は、iPadと別売りの「Apple Pencil」が必要になります。※

プリインストールされているメモのアプリなどを使って、iPadをノート代わりに使うことができます。また、ファイルも容量が許す限りいくらでも作成できるので、紙ノートいらずになります。

ただ、あとで見直す習慣づけをしなしと多分意味ないので、書いたものはあとでしっかりと見直すようにしましょう。

 

なお、「Apple Pencil」は、iPadを買うタイミングで一緒に買ってしまえば、手間が減るのでおすすめですよ。

それにしても、2017年までのiPadの場合、Apple Pencilの充電方法があまりにもシュールなのが玉にキズ。そしてキャップを紛失しやすい。。。※

※Apple Pencilには「第1世代」と「第2世代」が存在し、2018年モデルより前のiPad Proは「第1世代」を、2018年モデル以降のものは「第2世代」を選ぶ必要があります。予め注意して下さい。

※2018年版のiPad Proからは充電方法は改善されています。

液晶タブレット化してイラスト制作

これもタブレットならではの機能です!いやむしろ、これができるからこそ、iPadの価値は上がったのだと思っています。

おすすめのおアプリはProCreateですね。他にもCLIP STUDIO PAINTでもOKです。

ProCreateは買い切りですが、CLIP STUDI PAINTは定額課金制になります。マーケターであれば、これはお好みで良いと思います。ちなみに私はProCreateを選びました。

電子書籍を読む

電子書籍を読むのもおすすめです。

以前はkindle Fire HDも使っていたのですが、容量的にもiPadに軍配が上がったので、現在はiPadでも電子書籍で読書をしています。

ただ、データが増えると容量を消費するので、読まないものは削除するなど、定期的にメンテナンスは必要になりますね(これはFire HDでも同じです)。

「fire HD 8」は"ぼっち"ライフを楽しくする最強タブレットだった…!今やパソコンやスマートフォンを使いこなすのが当たり前の時代。 パソコン、スマートフォンも当たり前のように普及していますが、「タブレ...

PCのデュアルモニター(サブモニター)化

IPad Proをデュアルモニター化してみた

MacBookProやMacBookAirとつないで、iPadをデュアルモニター化することもできます。

デュアルモニター化はFire HDなど他のタブレットでも可能ですが、iPadであれば同じApple製品ということもあり、より簡単かつシンプルに実現が可能です。

▼Fire HDでデュアルモニター化する方法はこちら

kindle fire HD 8タブレットをMacでデュアルモニター化する方法Amazon Kindle fire HD 8をデュアルモニター化することに成功しました。 以前の記事で、 ...

 

私のようなWebマーケティングの仕事をする人間にとっては、「画面の広さ」っ超必要なんです。

例えばリスティング広告は、インターネットブラウザ等を通じて、日々の数値をチェックしたり、少しテコ入れしたり、新しい広告文やキーワードを入稿したりします。その時に、モニター面積がそもそも少ないと、メチャクチャ作業しにくいんですよね…。

しかしデュアルモニター化することで、モニターの面積を増やすことができます。iPadは画面を見る用、PCの方は操作をする用といった感じで、使い分けができます。

モニターを2つにすることで、確認しながら作業を進めるのが非常に効率良く行えるのです!これは一度味わったら、元には戻れないんじゃないかなって思いますね…!

 

ちなみに、デュアルモニター化する場合は、別途アプリのダウンロードが必要なので、予め準備しておきましょう。デュアルモニター化に必要なアプリは、duetです。

まとめ:タブレット時代は到来する

個人的にiPadは今後、ノートPCすらも駆逐していく(?)程の進化を遂げるのではないかと考えています。

実際のところ、ノートPCでできることの多くがiPadでできるようになってきており、またノートPCではできないことがiPadでできるようにもなってきているので、iPadを含めたタブレット端末の未来は明るいんじゃないかなと。

あと、デジタル機器への慣れって年を取れば取るほど難しくなると思うんですよ。実際、子どもが使えるのに大人が使えないってところを見られると、「そんなこともできないの?」って子どもからの圧力が掛かりそうですし…。

早い段階からどんどん触って使いこなせるようになれれば、大人としての面目も保てて(?)いいんじゃないかなって思います笑。

補足:Apple製品はOricoローンで分割購入できる!

MacBookPro2018のキーボード

Apple製品っていずれも高くて、なかなか手を出せないですよね。特に大学生や専門学校の方は、PC・タブレットがないとそれだけで大変なはず(もちろん社会人も)。

しかしApple公式では、株式会社オリコと提携した「オリコローン」を活用することで、費用を分割払いで購入できます。

分割だと手数料が掛かって損なのでは…と思うかも知れませんが、回数によっては手数料をApple側が負担してくれるため、店舗での価格をただ分割するだけで、それ以上の費用は発生しません!

私が利用したときは、最大で24回払いを手数料0円で分割支払してもらえました。なので、合計で約300,000円したMacBook Proの購入も、毎月約12,000円支払いで済んでいます。もちろん、iPad ProやiPhoneも分割購入が可能です

毎月引き落としはあるものの、即金で300,000円以上準備することの方が遥かに大変なので、ローンのおかげで時間を損失せずにMacBookProを使えて、非常に助かりますね!

 

Apple製品が欲しい!けど大金の準備ができない…

そんな人は、一度Oricoローンを検討してみる価値はありますよ…!

 

Oricoローンの詳細はこちら

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
最新情報や登録者限定コンテンツをお届け!
LINE@バナー
配信内容
  1. Webやマーケティングに役立ちそうな情報
  2. アフィリエイトや副業などに関するコンテンツ
  3. ブログ・SNSでは書きにくいクローズド限定の裏話

上記のようなコンテンツをお届けするLINE@を作りました。

ブログ更新情報の他、ブログやSNSではなかなか言いにくいクローズド向けの情報・コラムを登録してくれた方限定でお届けします!

▼HaraKitのLINE@に無料で登録してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA