基礎知識

Webマーケティングで稼ぐ・儲けるために必要な7つのこと

  • Webマーケティングって稼げるの…?
  • Webマーケティングで稼ぐには何が必要なの…?
  • Webマーケティングで稼ぐ方法って何かあるの…?

多分こんな疑問を持つ人が、この記事にたどり着いたのではないでしょうか。

早速、結論から言うと次の通り。

煉獄のハラキット
煉獄のハラキット
Webマーケティングは稼げる職種ではあるけど、そのためには7つ必要なことがあります

気になる方は、ぜひ読み進めるか、目次で気になる所へジャンプしちゃってください。↓

結論:Webマーケティングはいわゆる「稼げる」職種

まず前提として、Webマーケティングは稼げるか否か問題ですが、稼げます

もちろん、どれくらいの金額をもってして「稼ぐ」とみなすかどうかは人によるかと思いますが(個人的には1円でも稼げたら成功の部類だと思います)。

月50万以上稼ぐ猛者はアフィリエイト人口の約10%

アフィリ エイト・プログラムに関する意識調査 2019出典:アフィリエイトマーケティング協会 2019年調べ

アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、1ヶ月間の報酬について月収100万以上の人が全体の6.7%、50万以上〜100万未満の人で4.0%という結果が出ています。

つまり、アフィリエイトをしている人のうち、10%(つまり1割)は、月の報酬が50万以上稼いでいるという計算。

会社員の毎月の給料でも、最近では月30万を超えれば良い方ですから、Webマーケティングは稼ぐ上限が非常に高いといえるんじゃないでしょうか。

しかし雲泥の差が凄まじいほど広い

しかし一方で、収入がない人が29.7%とダントツに多いです。この統計を見ると、アフィリエイトに限ってみれば稼げてる人ってごく一部だけとも解釈できそう。なにせ全く稼げてない人が30%近く居ますからね。

かたや月に数千万円稼ぎ、かたや1円も稼げない。これぞまさに、THE・格差社会。

本当に稼げるようになりたいと思うならこの上位数%の中に入る覚悟が必要になります…!

  1. アフィリエイトマーケティング協会の2019年調査によれば、月収で50万以上稼いでいる人は、全体の約1割。その内、100万を超えているのは6.7%という結果に。
  2. 一方で、収入がない人が、29.7%とダントツに多い。つまり全体の30%の人は、アフィリエイトで全く稼げていないことになる。
  3. 以上から、Webマーケティングは圧倒的に稼げる人がいる一方で、全く稼げない人の方がまだまだ多い

Webマーケティングで稼ぐために必要な7つのこと

それでは実際に、Webマーケティングを用いて稼げるようになるために必要なことを7つに絞りました。それは次の通りです。

Webマーケで稼ぐための7つの条件
  1. 危機感・欠乏感の有無
  2. 市場(マーケット)感覚
  3. 心理学(行動経済学)の知識
  4. 継続力
  5. 自由な時間
  6. 負荷に耐えられる体力と精神力
  7. Googleやブログ・各種SNSを使える基礎的なITリテラシー

それぞれ見ていきましょう!

その1.危機感・欠乏感

まずこれ、危機感。

Webマーケティングで稼ぎたいといいつつも、実際には何も稼げない(厳密に言えば稼ぐ前に脱落する)人は、これがない人が多かったです。

そもそも、書かなくてもどうにかなるかー的な。

私の場合、明らかに同年代よりも収入が低くて、このままじゃヤバい!という危機感からブログを続けられている側面もありますし、裕福だったら多分ブログ書かないんじゃないかなと。

厚生労働省労働基準局「副業・兼業の現状」出典:厚生労働省労働基準局「副業・兼業の現状

ちなみに厚生労働省労働基準局が出したデータによると、副業を行っている人の内、約67%(つまり約3分の2)は年収が300万円に満たないという調査結果を報告しました。

Webマーケティングで稼ぎたい人の多くはアフィリエイトで稼ぎたいと考えてる人も多いかと思いますが、年収300未満という追い詰められた状態じゃないと、稼ぎたいという気持ちはなかなか湧いてこないんじゃないかなと。

ハラキット
ハラキット
まぁ生活できてるなら、無理に稼がなくてもいいと思いますけどね。

その2.市場(マーケット)感覚

次に市場感覚です。

これはつまり、「この商材は売れるか」「このサービスは普及するか」を嗅ぎ分ける能力ともいえます。

さらに「この商材を売ったら自分の利益はどれくらいか」といった数値をベースに思考する能力も必要になります。市場が大きな所(つまり流れるお金がたくさんあるところ)と、市場が小さなところ(お金が少ないところ)では、利益は大きく変わりますから。

ハラキット
ハラキット
初心者の人は、ちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう』が分かりやすくてオススメです!

その3.心理学(行動経済学)の知識

学術的な話になりますが、心理学(特に行動経済学)の知識も重要です。

なぜかというと「人がどんなときにものを買うか」といった研究結果がまとめられ、理論・体系化されているため。

つまり、人の購買意欲を駆り立てて実際に買ってもらうためには、何が足りていて何が足りていないのかを知れます。

これを知っているかどうかで、成果がガラッと変わることもあるくらいです。

ハラキット
ハラキット
人がいかにして行動を起こすのか。その叡智が蓄積されているのが行動経済学です。マーケターにとっては必須科目なので、要チェック!

その4.継続力

どんなことにもいえますが、Webマーケティングで稼ぐためには、「結果が出るまで地道に続けること」も必須です。

短期的にサクッと売上が上がることは、有料広告等を使えばできますが、個人でWebマーケティングをするなら、元手となるお金はそもそもないはず。

ハラキット
ハラキット
ぶっちゃけ、努力というよりも、「やりたくなくてもやらざるを得ない」環境をつくる方が楽です。自分の頑張りを当てにするより、「習慣を作る」ことをオススメします。

その5.自由な時間

自由な時間、これも持ってないと話にならないですよね。

もちろん、遊ぶのではなく、成果を出すのに必要な行動ができるようにするための時間です。

ハラキット
ハラキット
自由な時間がないと、当然ながら勉強も副業もできません。ブラック企業とか長時間労働低賃金とかだったら、まずは会社を辞める所から…!

その6.負荷に耐えられる体力と精神力

始めの内は、とにかく時間が掛かりますし、反応がないことも多いです。しかし、そこを乗り越えてこそ、成果を出すことが可能になります。

ハラキット
ハラキット
ブログで成果出すまでは、精神と時の部屋に閉じこもる感じ。以外と体力勝負なので、体を鍛えつつ、しっかりと休息を取ることも大事だったり。

その7.Googleやブログ・各種SNSを使える基礎的なITリテラシー

Webマーケティングをするなら、そもそもとしてITリテラシーがなければ、ブログはおろかSNSすら使えないですよね。

意外と忘れられがちなんですけど、WordPressでブログを開設できるだけでも、結構リードしてますからね。

ブログを開くまでできたら、後は結果が出るまでなんとか走り抜いてほしいです!

ハラキット
ハラキット
リテラシー高めるなら、IT系に強い友達を持つことをオススメします!ぶっちゃけ、周囲をIT系に強い友達で固めれば、嫌でもリテラシーは高まりますので笑

注意:上記がそろっても稼げるとは限らない

紹介した7つがあれば稼げる…と思ったら、実は必ずしもそうではないんです。

えっ?これがあればいいんじゃないの?

こう思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

運要素はどうしても残る

そうです、Webマーケで稼ぐためには運要素も絡みます。こればかりは…流石に難しいというか、個人ではどうしようもありません。。

未来のことやこれから発生することは、多少の予測は立てられたとしても、100%その通りに発生するとは限りません。

不慮の事故やトラブル、競合の参入により、足元を救われた事例は数しれず。。

たくさん数をこなすとか、個人でやれることはできるだけやるしかありません。

ただし一生懸命取り組んだ経験は貴重な財産になる

ただそれでも、成果を出すために一生懸命動いた経験は、何かしらの形で必ず報われます。

私だったら、本業のリスティング広告運用に強くなりましたし、普通の人よりもデータ処理の早さと正確性には負けないレベルに届きましたし。なにより、プレゼンの企画書作成や、ユーザーを動かすために必要な考え方を体得できましたから。

稼げなかったとしても今までのことが全く無駄になる、と考える必要はありません。

最後に:それでもWebマーケで稼ぎたいですか?

以上、Webマーケティングで稼ぐために必要なことをまとめました。

…ぶっちゃけて言うと、Webマーケティングで稼ぐことは決して楽なんかじゃありません。むしろ過酷です。

それでも、あなたはWebマーケティングで稼ぎたいですか…?

もし稼ぎたいなら、ともに頑張っていきましょう!!

そんなあなたに、私から一言。

地獄へようこそ!james-lee-t-xjwyHwY8o-unsplash
煉獄のハラキット
煉獄のハラキット
地獄へようこそ!
ABOUT ME
HaraKit
大阪在住。20代後半からWeb業界入りしたのWebマーケター。ITとマーケティングがあれば、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々活動中です。本業は運用型広告が専門。
Webマーケティングで今よりも更に成長したい人へ
ビジネスマン
  1. Webマーケターとして活躍したい!
  2. Webマーケティングを用いて更にキャリアアップしたい!
  3. 未経験だけどWebマーケティングに挑戦したい?

 

Webマーケターに興味を持ち、更に実務を積んで今よりもさらに上流の仕事につきたいと考えるなら、転職の専門家であるエージェントを活用していましょう。

特に、転職経験が少ない人や、転職初心者であれば、転職支援サービスを使うことで、企業が転職希望者に求めていることが分かります。

人生における重大な決断である転職を失敗させないために、良質なエージェントを活用して、キャリアップに挑戦してみませんか?

Webマーケティング転職におすすめの転職エージェント

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA