人間関係の悩み

考えすぎて動けない人に見る「考える」と「悩む」の違い&対処法

お悩み人
お悩み人
考えすぎて動けないんです…

とよく悩まれる方が私の周りにいらっしゃいます。

気持ちはわかるんですが、結論から言うとこういう人って「考えてる」んじゃくて、単純に「悩んでる」だけの人が多い印象があります。

しかし当の本人はどうにかしたいと願っているので、まだなんとかなるだろうとは思いますけどね。この記事にたどり着いた人は、心当たりのある人が多いのかもしれませんが、いかがでしょうか。

 

というわけで、「考える」と「悩む」の違いをはっきりさせた上で、「考えて動けない」人に足りないものは何かを解説します。

この記事をきっかけに、自らの習慣を再考する、「考えて行動に移す」習慣作りの手助けになれば幸いです。

考えるとは

かんが・える かんがへる [4][3] 【考える・勘▽える】
① 物事について、論理的に筋道を追って答えを出そうとする。思考する。 「いくら-・えても解けない問題」
② さまざまなことを材料として結論・判断・評価などを導き出そうとする。 「転勤の件は少々-・えさせて下さい」 「子供の将来を-・えて厳しく育てる」
③ (形容詞・形容動詞の連用形に付いて)それが…である、という感情や評価をもつ。…だと感ずる。 「あまり堅苦しく-・えないで下さい」 「一度の失敗を重大に-・えなくてもよい」
④ 結論を出すための材料の一つとみなす。 「相手の都合を-・えると無理は言えない」 「道の混雑を-・えて早めに出る」
⑤ 計画する。意図する。 「人員削減を-・えている」
⑥ 工夫して新しいものを作る。 「この機械を-・えた人は天才だ」 「いいことを-・えた」
⑦ 罪を問いただす。処罰する。 「(閻魔(えんま)ノ庁デ)-・へられつる事ども、ありつる有様/宇治拾遺 8」
⑧ 比較検討や占いの結果に基づいて判断する。 「宿曜の賢き、道の人に-・へさせ給ふにも/源氏 桐壺」 → 思う(補説欄)

いくつか意味はありますが、何かを成すために思考して、考えたことをもとに判断する、決断する、結論を出すなど、方向性を示す使われ方をします。

その結果何かしらの成果物を生産することもあれば、何もしないこともあります。

すなわち、思考した結果、自らの意思を行動に落とし込むことこそが「考える」ことに含まれます。考えるとは、意思決定のプロセスなんですね。

悩むとは

なや・む [2] 【悩む】
① 結論が出せなくて苦しむ。思いわずらう。 「将来について-・む」 「家庭内のもめごとに-・む」 「人生の意義について-・む」
② 肉体的な苦痛で苦しむ。病む。 「持病の神経痛に-・む」 「わらは病みに久しう-・み給ひて/源氏 賢木」
③ 動作の進行がうまくいかなくて苦しむ。 「のび-・む」 「行き-・む」 「安けくもなく-・み来て/万葉集 3694」

一方で悩むとは、思考はするものの、何か「判断する」ことができず、問題が堂々巡りしている状態。

本人は頭使った気になっていますが、アウトプットは何もないので、第2者目線でいえば本当に何も変わっていないも同然です。

考えすぎて動けない人に足りないもの

ずばりこちらです。

  1. 目標・ゴール(理想の自分)
  2. 適切な行動方針
  3. 正しい知識・知恵
  4. 実際の行動・アクション

①目標・ゴール

まず自分にとっての①が何かを明らかにすることです。

ここは正直なんでもいいです。立派なことを言える必要はありません。

大半の人は、

  • 金稼いで仕事辞めたい
  • 海外旅行して遊びたい
  • パートナーと結婚したい
  • 家族持って幸せに暮らしたい
  • 最期に布団の上で皆に見守られながら往生したい

ぐらいのものでしょうし、自分が心の底から望んでいると思うならそれでOK。

立派なこと言えなくても、自らの欲望から目をそらさず、自分がどうなりたいのか素直な気持ちで向き合えることの方が、他者にも自分にも余程誠実です(ただし相手を必要以上に傷つける意図があるものは例外)。

②適切な行動方針

次に①に到達するために必要な行動方針や計画です。

これが間違えることは、「登山する山を間違える」のと同じで、後になればなるほど取り返しがつかなくなるので要注意。

間違えないためには、時分が登りたい山を既に登っている人から知見を得ることです。

③正しい知識・知恵

②を行うための知識や知恵も必要です。

ここは登山に例えれば、「登る方法」「必要な道具」「立ちはだかる試練」「登る時のリスク」といったところでしょうか。

これらについても正しい知識がないと、志半ばで昇天したり、必要以上に時間と労力をかけてしまいジリ貧になる、といったリスクが起こり得ます。

④行動

そして最後、①②③を踏まえて実際にアクションを起こすこと。

ここまで来ていて、「でも」「だって」といって行動しない人も、割といらっしゃる印象です。

ここまで来てやらないともったいないとは思いますが、ここまで来たからこそ「やっぱ自分にはできない」と決断する人もいらっしゃるでしょう。

ただ、本気で現状をどうにかしたいと思うのならば、「賽は投げられた」とルビコン川を超える覚悟を決めて、飛び込む他ないでしょう。

結論:悩む人は①②③④のいずれかが足りない

悩んでばかりの人はどれかが欠けています。

自分に「考えすぎて動けない」と悩む人は、心当たりがあるのではないでしょうか。

自分の欲望と向き合うことがスタート時点

もちろん自分が何したいか、何を成し遂げたいか分からなくたってOKです。

世の中、自分が何をしたいのか分かる人の方がむしろ少数派で、それこそ一人一人が「人生哲学」とか「経営ビジョン」とか語られる方が、正直異常だと思いますから。

どちらかというと、まだ「○○さんを支援したい」という人の方が多い気もしますし。

 

大切なことは、「自分の欲望に素直になること」で、全てはここから始まります。

他者は欺けても、自らを欺くことは決してできません

解決策:活路は自分の「外」に見出そう

「考えすぎて動けない」人は、自分の頭の中で全て完結しようとしてる人が多い。

解決するためには、自分の「外」に活路を見出すことです。それは自分のメンターであったり、知人であったり、技術書であったりします。

自分の頭で5分考えて分からなければ、自分の中に解決方法はほぼありません

一人で1日考えて分からなかったことが、人に聞いたら2分で解決ということは、洒落になりませんが日常のいたるところで起こっていますから(特にWeb系職種であればなおさら…)。

最後に

考えすぎて動けない…、でも二酸化炭素クリエイターから卒業したいというなら…

まずは現状をしっかり認識することが肝心です。

自分が将来どうなりたいのか向き合うことが大事です。

それを踏まえた上で、自分に足りないものを探すことが必要になります。

自分で考えられなければ、外の世界に飛び出して情報収取することも必要です。

あなたに必要のは、悩むことではなく考えること。

考えることとは「決断する」「判断する」、そして、知るために「行動する」ことです。

 

いつまで「考える」ことを言い訳にして、何もしないでいるつもりですか???

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
最新情報や登録者限定コンテンツをお届け!
LINE@バナー
LINE@配信コンテンツ
  1. Webやマーケティングに役立ちそうな情報
  2. アフィリエイトや副業などに関するコンテンツ
  3. ブログ・SNSでは書きにくいクローズド限定の裏話

上記のようなコンテンツをお届けするLINE@を作りました。

ブログ更新情報の他、ブログやSNSではなかなか言いにくいクローズド向けの情報・コラムを登録してくれた方限定でお届けします!

▼HaraKitのLINE@に無料で登録してみる