Webマーケター入門

Webマーケ初心者おすすめ!デジタルワークショップ認定証を取得しよう

Google公認の資格である「デジタルワークショップ」を受講し、その認定証を取得しました。

一通りやってみた感想としては、

Webマーケティングって何?

っていう状態の人が、

なるほど!Webマーケティングってこういうことするんだ!

と理解できるようになれる内容でした。

以下に該当する人は、チェックしてみる価値はありそうです。

  1. Webマーケティング未経験の人
  2. Web上で何か商品を売りたい人(ECサイト運営したい人)
  3. Web広告に興味がある人
  4. アフィリエイトに興味がある人 など

また、Webマーケティングに関する資格について知りたい人は、こちらの記事もどうぞ(といっても、初心者は資格取得よりも実務を経験する方が圧倒的に大事ですが)

Webマーケティングの実務で役立つ資格集【あくまでも飾り】Webマーケティングの実務において、取得を目指してみると良いかもしれない資格について、現役のWebマーケターが紹介します。 ただ、...

デジタルワークショップとは?

デジタルワークショップは、グーグルが提供するWebマーケティングに必要な知識を、動画やテキストを通じて勉強できる学習サイトです。

検索の仕組みやオンライン広告、ソーシャル メディアの活用方法など、あなたのキャリアに役立つデジタルの知識を習得しましょう。 すべて修了すると Google から認定証が発行されます。

トップページより)

全部で23のレッスンがあり、それらをパスした後は最終試験に挑戦します。

最終試験に合格すると、Googleから「デジタルワークショップ認定証」をもらうことができ、履歴書や後述するLinkedinでアピールできるようになります。

なんだかGoogleに認められた感じがして、少しだけ嬉しくなりますよね(私だけ?)。

なぜ受けたのか?

デジタルワークショップは、いわばWebマーケティング初心者向けの内容ではありますが、初級〜中級クラスの人でも十分受けて見る価値はあるのではないかと思っています。

ちなみに私の場合、以下の理由で取り組むことにしました。

今の自分のスキルを客観的に評価するため

現在に至るまで、(会社都合により)会社を転々としていた私ですが、どの会社でもマーケティングに関わる仕事をしてきました。

そういった経験から、何かあっても自分自身をPRできるような、自分自身のスキルや知識を客観的に証明できるものを手に入れようと思い至り、取得に取り組んだという背景があります。

これから関わる業務内容の事前学習として

リスティング運用などのWebマーケティング業務に携われる会社に転職できました。

しかしWebマーケティングとは本当に範囲が広い職務内容であり、これまでの実務経験では全体像を充分把握できていないと感じていました。

そこで、日々の業務の中ではカバーしきれない内容やこれから携わる可能性のある分野にも予習しておきたいという思いもあったのも、受講を決意した理由でした。

受講した感想

私も受講してみましたが、実務をある程度経験していたり、普段からブログを通じてGoogle AnalyitcsやSEO、リスティング広告等に触れている人であれば、割と簡単にパスできるかと思います。

むしろ初心者はそこら辺をいじったことがない人は苦労すると思うので、最低限「SEO」や「リスティング」、「ECサイト」といった専門用語は予め知っておかないと苦労するかもしれませんね。

もちろん、テストを通じて覚えられますけどね。

講義はどんなふうに進むの?

全23レッスンの中に、更に1〜3くらいの各章があり、それぞれの章について、簡単な知識の確認をする問題を解きます。

問題に挑戦する前に、章の内容に関する動画を閲覧できるので、その動画で話していることをしっかり理解すれば、章の問題には困りません。

動画があるので楽、と思われがちですが、実は動画だと自分のペースで学習ができないので、そこが若干ネック。

そんな人向けに、一応動画の下にテキスト形式で章の解説がしてあるので、それを読んでから確認問題に挑戦するのもOKです。

各章の問題を解き終えると、今度はレッスンのまとめ問題に挑戦し、その問題をクリアすると、レッスンクリアになります。

これをひたすら23レッスン分行うので、しっかり知識がついてる人からすると若干しんどい(もう十分わかってるから先行かせてー的な)感じがするかもしれないですね…!

お金はかかるの?

無料でチャレンジできます。

学習サイトの中には無料でできるものも多いですが、これほどの分量を無料でできるのは本当にお得だと思うので、Webマーケティングに興味なくてもやってみて損はないんじゃないかなと思います。

認定証取得までにどれくらい時間が掛かるの?

デジタルワークショップ認定証※本名非公開のためモザイクをかけています。申し訳ございません。

もちろん人によると思いますが、短時間で一気に集中して取り組めるのであれば、大体3〜4時間あれば大部分はクリアできるのではないかと思います。

もちろん、毎日10分、15分と時間を決めて、何章まで進めるか等スケジュールを組みながら進めるのもありです。

ちなみに私の場合は後者で、平日の仕事終わりにカフェやコワーキングスペースを活用して取り組みました。仕事終わりだと、さすがに集中力がさほど働かないので、そういう意味では苦労したかも…(^^;)

日によってバラつきはあったものの、最終テストは難なく一発で合格できたので、トータルで約2週間で認定証を取得できました。

資格はゴールではなく何かをスタートするためにあるもの

資格はあくまでも取得してゴールではなく、スタート地点に立つためのものですよね。

だから認定証を取得した後に、自分はどんなフェーズに進みたいのか、進められそうかを考えた上で、取得するかしないか検討するのがいいです。

Webマーケティングというと、デザインやプログラミングのように何をするのか見えにくいとは思いますが、認定証取得に根気強く取り組めば、かなり見通しが良くなるのではないかと思います。資格があれば、ひとまず周囲にドヤ顔できますし(`・ω・´)ドヤッ

私もこれをきっかけに、さらにWebマーケティングへの理解を深め、実務で扱えるようにしていきたいところ。

他にもGoogleが提供している、GAIQ(Google Analytics Individual Qualification)やAdwords認定試験に挑戦してみるのも良いかもしれません。

追記:2018年4月に追加コンテンツ登場

2018年4月から、ボーナスコンテンツという位置づけで新たに5つのコンテンツが追加されたようです。

追加されたコンテンツ内容は以下の通り。

  1. 仕事の生産性向上
  2. 機械学習の基本
  3. オンラインビジネスのセキュリティ向上
  4. 転職に必要なスキル
  5. プログラミングの基礎

これらについてはワークショップ認定資格には関係しない内容ですが、デジタルマーケティングに関わる人間ならば、全て知っておくべき事柄と言えるでしょう。

特に「転職に必要なスキル」は、キャリアアップして高年収を稼ぎたい人にとっては非常に参考になる内容です。

認定資格を取り終えた方は、是非チェックしてみてくださいね。

デジタルワークショップ

おまけ1:より高度なWebマーケティングを学びたい方

デジタルワークショップは、Webマーケティングの大枠を理解するのには最適ですが、細かい話であったり、より専門的な内容まではカバーしきれていません。

より専門的にWebマーケティングを学びたい方は、株式会社サーチライフが展開するジッセン! オンラインの受講をおすすめします。

 

実際に受講した感想を残した記事もどうぞ↓

Webマーケティングを動画で学べるジッセン!オンラインを受講してみた感想Webマーケティングを動画で学べる「ジッセン!オンライン」というサービスを使ってみました。無料でも見れますが、有料版ではより専門的なWebマーケティングのノウハウを手に入れることができます。...

おまけ2:当記事がメディアで紹介されました

当記事が、株式会社レバレジーズ様が運営される「フリーエンジニアお役立ち記事」にて紹介されました

「フリーエンジニアお役立ち記事」にて当ブログ記事が紹介されました。先日、レバレジーズ株式会社様が運営される「フリーエンジニアお役立ち記事」にて、当ブログの記事が紹介されました。 紹介いただきました...

エンジニアだけでなくマーケティングやフリーランスに関する情報を取り扱っているため、気になる方は是非チェックしてみてくださいね!

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
最新情報や登録者限定コンテンツをお届け!
LINE@バナー
LINE@配信コンテンツ
  1. Webやマーケティングに役立ちそうな情報
  2. アフィリエイトや副業などに関するコンテンツ
  3. ブログ・SNSでは書きにくいクローズド限定の裏話

上記のようなコンテンツをお届けするLINE@を作りました。

ブログ更新情報の他、ブログやSNSではなかなか言いにくいクローズド向けの情報・コラムを登録してくれた方限定でお届けします!

▼HaraKitのLINE@に無料で登録してみる