エンジニア未経験でも転職を狙えるIT・プログラミングスクール5選

早速スクールを見てみる!▼

この記事は、

  • IT業界未経験だけどエンジニアになりたい。
  • 新しい言語のスキルを身に着けてキャパを広げたい。
  • Webサービスを作って将来起業したい。

という方向けの内容です。

未経験からでもエンジニアとしてキャリアを歩みたい人むけに、転職支援がついていたり、転職に有利な技術を学べるスクールを5つ選びました。

エンジニア転職を考えている方は是非参考にしてみて下さい!

この記事で紹介するプログラミングスクール例【公式サイトへ飛びます】

  1. TECH::EXPERT(地方展開あり&フリーランスも狙える)
  2. DMM WEBCAMP(就職率が98%&最短3ヶ月で転職を実現)
  3. Tech Boost(転職実績多数の運営元&最先端技術も学べる)

未経験者がプログラミングスクールに通うべき3つの理由

IT・プログラミング教育イメージ

IT業界やエンジニア未経験者の人にとって、なぜプログラミングスクールを通うのが良いのか。その理由は3つあります。

その1:学習カリキュラムが体系的で理解が進みやすい

現在のプログラミングスクールは、ただプログラミングを学ぶだけではなく、学んだ後の転職支援も込で行うところが増えてきました。

そのためスクール側も、受講者が転職後も上手く職場でやっていくために、カリキュラムをブラッシュアップする傾向が高いです。

また、未経験者でも転職ができることを想定したカリキュラムになっているところが多数。

とはいっても、スクールのカリキュラムだけでは正直現場のレベルに太刀打ちは難しいですが、現場で求められる基礎知識や当たり前の文化はしっかりと身につけられるでしょう。

その2:メンターや現役のプロに質問できるので挫折しにくい

独学のプログラミング学習が続かない理由は、分からないところが出てきたときに誰にも相談できないからです。

そのため独学って挫折しやすいんですよね。

それに、独学だと間違ったやり方を身に着けてしまったりすることもあるため、メンターや現役の先輩からアドバイスを貰ったり質問ができるのは大変貴重です。

また、誰かに管理してもらうことで、自分ひとりでは怠けてしまうところもしっかりとチェックしてくれるので、嫌でもモチベーションをキープしてもらうことができます(笑)。

人間なかなか強くないので、自分ひとりだけでは駄目だと分かったら、メンターさんの力を借りれる環境でスキルを身につけることを選びましょう。

その3:転職・独立支援に力を入れているためゴールが明確

単純にプログラミングを学ぶだけなら、世の中に出回ってるWebサービスで安価で学べます。

しかし転職支援付のプログラミングスクールは、あくまでも受講者が転職成功まで至らなければ、学習の意味はありません。

目的は受講生の転職成功であり、プログラミング学習はそのための手段に過ぎませんからね。

転職をゴールとした無駄のないプロセスがあるからこそ、受講する側もモチベーションを維持できることができますから。

オンラインとオフライン、どっちがいいの?

オンライン学習、それともオフライン学習?

オフライン形式とオフライン形式の2つがありますが、どちらが良いのか。

結論から言うと「人による」ですが、それぞれ特徴があります。

オフライン:現場の仕事感覚が掴みやすい

オフラインの一番良いのは、実際エンジニアになったときの仕事の進め方等を事前に体験できることです。

会社でのエンジニアも、開発には基本的にチームで行います。

なので、結局は人間関係やコミュニケーションが重要になってくるのですが、仕事の仕方についてどういったところで躓きやすいか、どういう仕事の進め方だと捗るとか、色々勉強できるはず。

エンジニアに求められる「当たり前」の文化を、しっかりと身につけておきましょう。

オンライン:黙々と自学自習できる人にとっては最適な環境

オンラインカリキュラムは何がいいかというと、自分のペースで学習を進められること、これに尽きます。

実際の現場では、1人だけで黙々と開発とはいきにくいものですが、時間の限られる社会人にとってみては、むしろ黙々と進められる方が都合の良いもの。

なので人にペースを乱されるのが嫌よって人は、オンライン学習の方がよいでしょう。

また遠方の人は、どうしてもオンラインにならざるを得ないので、自分なりのモチベーション維持方法を把握しておくことが大切になります。

失敗しないスクールの選び方

プログラミングスクールへの投資は決して小さな額ではないため、スクール選びは慎重に。では失敗しないためには、どうすればいいでしょうか。

プログラミングを学ぶ目的と理想のゴールを明確にする

まず、そもそもなぜプログラミングスクールへ通うのかを明確にしましょう。

目的は基本何でもOKです。例えば、次のような感じで。

  • エンジニアに転職して将来の年収を伸ばしたい
  • 将来的にフリーランスになって場所にとらわれず働きたい
  • Webサービスを開発して起業し、世の中を変えたい

こんな感じで、自分のモチベーションが維持できる目的・目標は何なのか、心の声に従ってみてくださいね。

そして目的に合わせて、理想のゴールに一番近づけそうなスクールを選ぶことでミスマッチが減るでしょう(無料相談のときに質問してみるのも良いかも知れません)。

Progate等で事前にプログラミングを予習しておく

未経験からIT業界・エンジニアを目指すのであれば、ゼロからプログラミングを学ぶ必要があります。

確かにスクールでもプログラミングは学びますが、事前に勉強するかしないかで学習定着率が圧倒的に変わります。

というか、知識のない真っさらな状態でスクールに通うと、時間とお金が想定以上に必要になります。

また、スクールの内容と実際の実務では、やはり求められるレベルが圧倒的に変わります。

スクール卒業時点ではしっかりとプログラミングの基礎ができあがってる状態でないと転職後も厳しいため、事前学習するかしないかが運命の分かれ道といっても過言ではありません。

無料体験で複数のスクールに応募して相性が良さそうなものを選ぶ

プログラミングスクールも大分数が増えてきましたが、どのスクールも無料体験や無料相談会等を設けているため、これを利用しない手はありません。

また人によって良いスクールの基準や、メンターとの相性は必ずあります。

なので、実際に無料体験してみて「ここなら信頼できるかも」と思えるところを選ぶのが良いです。

 

これから紹介するスクールは、どこもエンジニア転職に力を入れているため、未経験からでもエンジニアに転職したい人にとって十分参考になるかな、と。

スクール側にとっても、受講生の転職失敗はリスクなので運営も必死ですし。

おすすめのプログラミングスクール一覧

エンジニア経験がなくてもIT系転職支援が手厚いプログラミングスクールをまとめてみました。

どこも転職支援には相当力を入れていますが、スクールによって学習形式や学ぶカリキュラム、金銭面で異なるので、実際に無料体験でメンターに質問・相談してみることをおすすめします。

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

TECH::EXPERT(テックエキスパート)は、株式会社divが運営するプログラミングスクールです。最低600時間の徹底したカリキュラムによって、未経験からエンジニア転職を支援します。転職先には上場企業から勢いのあるベンチャーまで多数。
月額の費用24回分割時:¥29,000(税込)
※初回のみ¥43,420(税込)
※分割手数料が10%(64,580円)
※転職できなければ全額返金保証付
世帯年収300万以下の低所得者向けに受講料後払い制度あり
通学期間最短10週間
学習形式オンライン・オフラインともに可
所在地東京(渋谷)・大阪(なんば)・愛知(名古屋)
学べる言語HTML,CSS,Ruby,SQL 他
スクールの特色
  • 最低合計600時間に及び、チーム開発等の現場を意識した実践的カリキュラム
  • フリーランスコースでは仕事案件の獲得支援も並行して実施
  • 転職できなければ受講料全額返金保証付(定める期間内での学習完了が条件)
運営会社株式会社div
設立2012年3月
注意事項
  • 姉妹サービス「TECH::CAMP」とは内容から料金まで全く異なる
  • メンターは現役エンジニアではなく卒業生が多い
  • 数あるプログラミングスクールの中でも受講料が高め

3つのポイント

  1. 上場企業からベンチャー企業まで、受講生の転職率は約97%
  2. 未経験転職に加えてフリーランスエンジニアを目指すコースもあり
  3. チーム開発により現場の作法を学べる環境
  4. 20代だけでなく30代からの未経験転職も受け入れ可能
  5. 低所得者向けに受講料後払い制度を利用することができる

未経験からのエンジニア転職に力を入れているスクールの1つであり、実際に現場で働くことを想定したカリキュラムを組んでいます。

未経験エンジニアコースは、以前は書類審査および通過が求められましたが、2018年4月より選考が免除となり、全ての受講希望者が通過となりました。

また、未経験からフリーランスのエンジニアを目指すコースもあるため、目指す働き方によってはフリーランスコースを選択できるのも魅力です。

無料相談に参加すると、学習の進め方や案件の獲得方法についても教えてくれますので、気になる方は是非相談してみて下さい。

また、受講料は一般的なスクールと比較すると高額ではありますが、世帯年収300万以下の低所得者層には受講料後払い制度があるため、現在の収入が低くても挑戦が可能です。

詳しくは、無料説明会に参加して聞いてみましょう。

TECH::EXPERTの体験会参加記録

無料相談はこちら※14日以内全額返金保証あり

DMM WEBCAMP(旧:WEBCAMP PRO)

DMM WEBCAMPは、東京渋谷に拠点を置く株式会社インフラトップが運営するプログラミングスクール。転職成功率が98%と驚異的であり社内には転職エージェントも在籍しているため、エンジニア転職の相談も受けられます。
月額の費用最安で¥28,000(税抜)※転職できなければ全額返金保証付き
通学期間3ヶ月
学習形式オフラインのみ
所在地東京(渋谷)・大阪(難波)
学べる言語HTML,CSS,JavaScript,Ruby,MySQL 等
スクールの特色
  • 転職支援実績が驚異の98%、離職率も0%
  • 社内に転職エージェントが在籍しておりキャリア相談が可能
運営会社株式会社インフラトップ
設立2014年11月
注意事項
  • 在職中ではカリキュラムが受講できない
  • 受講前事前審査あり

3つのポイント

  1. 転職成功率が驚異の98%
  2. 転職保証付きで3ヶ月以内に転職できなければ受講料が全額返金
  3. 社内に転職エージェントもいるため、転職相談もできる

3ヶ月で転職を目指すカリキュラムのため、現在フリーター等の非正規雇用で働いていてる人やニート、将来に漠然と不安を持つ20代にとっては、最短でエンジニアを目指せるスクールの1つ。

3ヶ月間とはいうものの、受講契約をすると受講開始1ヶ月前から学習カリキュラムが発行されるので、それを使って学習を進めることができます。転職成功から逆算したカリキュラムになっているため、無駄なく学習を進められます。

受講可能エリアは、東京渋谷の教室のみでしたが、2019年7月より大阪の難波校が開校されるため、関東・関西在住であれば受講できます!

ただし、在職しながらではカリキュラムをこなすのが難しいため、一度キャリア相談してみることをおすすめします。

また姉妹サービスに、Web業界への転職を目指す人向けに1ヶ月の短期集中でスキルを学ぶDMM WEBCAMP ビジネス教養コース(旧:WEBCAMP)もあります。

ご自身の目的や目指す方向性について分からないことがあれば、無料カウンセリングを受けてみるのも1つの手です。

DMM WEBCAMPの詳細はこちら

▼無料相談はこちら※転職失敗時は全額返金保証あり

Tech Boost(テックブースト)

Tech boostは、東京渋谷にある株式会社BrandingEngineerが運営するプログラミングスクール。業界初ブロックチェーンのカリキュラムを導入したことで有名であり、エンジニア転職や独立に関しても多くの実績を誇ります。
月額の費用社会人:¥29,800(税抜)
学生: ¥19,800(税抜)
※入学金が別途発生(社会人:219,800円、学生149,800円)
通学期間最短3ヶ月
学習形式オフライン(オンラインスクールも開講中)
所在地東京(渋谷)
学べる言語HTML,CSS,Ruby,PHP/Laravel,Git 他
スクールの特色
  • 業界初ブロックチェーン等の最先端技術のカリキュラムを導入
  • Tech Stars AgentMidworksなどエンジニア転職・独立支援サービスが豊富
運営会社株式会社Branding Engineer
設立2013年10月
注意事項
  • 選べる最先端技術はブロックチェーン/IoT/AI のうち1つのみ
  • 転職保証制度はなし(ただし成功実績は多数)

3つのポイント

  1. エンジニア転職・独立支援の実績に基づいた逆算されたカリキュラム
  2. ブロックチェーンやIoTなど最先端技術を業界で初めて導入
  3. エンジニア転職マッチングサービスや独立支援サービスが充実しており、卒業後の活躍が見込みやすい

現役のエンジニアがメンターとして指導してくれるプログラミングスクールです。

業界初ブロックチェーンのカリキュラムを導入しており、AIやIoTといった最先端技術を学べる環境も整っています。

そして何より、運営組織のBranding Engineerはエンジニア転職マッチングサービスのTech Stars Agentや、フリーランスエンジニア向けサービスのMidworks等、エンジニアの就業支援にも相当な力を入れています。

そのため、エンジニア未経験なスクール卒業生でも就業・転職・独立がしやすい環境がめちゃくちゃ整っているのも大きな魅力の1つですね。

ちなみに、オフラインコースとオンラインコースは窓口が異なるので要注意。

 

Tech Boostの詳細はこちら

無料相談会はこちら※10秒で申込み完了

TechAcademy(テックアカデミー)エンジニア転職コース

テックアカデミーは、完全オンラインで受講できるスクールの代表格。Ruby、Pythonといった言語ごとのコース、フロントエンドコースといった職種別の講座が中心でしたが、近年ではエンジニアへの転職を保証するコースを展開しています。
月額の費用24回分割時の目安:¥12,417(税抜)
※12週間コースの298,000(税抜)の24回分割した場合
※転職できなければ全額返金保証
通学期間12週間
学習形式完全オンライン
所在地どこでも(インターネット環境があれば)
学べる言語Java(転職保証コースの場合)
スクールの特色
  • パーソナルメンターによる転職支援つき
  • メンタリングにより受講者のモチベーションのサポートあり
  • 転職できなければ受講料全額返金保証付
運営会社キラメックス株式会社
設立2009年2月
注意事項
  • 受講後にすぐフリーランスを目指す人はおすすめしない
  • Webアプリケーションコースなどでも、転職できる技術を身につけられる(この場合はTechAcademyキャリアを利用)。

3つのポイント

  1. 完全オンラインのため地方在住でもエンジニアを目指せる。
  2. 総額で50万〜100万掛かるスクールと比較して、受講料が圧倒的に安い。
  3. 定期的なメンタリングサポートにより、オンラインのデメリットであるモチベーションダウン対策あり。

オンラインスクールの代表格、テックアカデミーによるエンジニア転職を前提としたコース。これまで、言語ごとのコースが中心でしたが、転職に特化したコースが発表されました。

完全オンラインのため、首都圏以外でも受講でき、費用が安い等の特徴があります。また、キャリアチェンジする人に向けたサービスであるため、パーソナルメンターによる転職サポートを受けられ、受講終了後6ヶ月間、内定が出るまで企業面談を実施します。

なお、公式サイトで現役エンジニアによる無料のキャリアカウンセリングを受けることができます。未経験からエンジニア転職を考えている方は、コースを受講するか否かに関わらず、一度話を聞いてみることで自分のやりたいことが分かるかも知れません。

 

TechAcademyの詳細(無料体験談)はこちら

現役エンジニアが無料キャリアカウンセリング※参加で割引特典あり

RaiseTech(レイズテック)

RaiseTechは、4ヶ月で稼げるエンジニアを目指すことをコンセプトにおいた、エンジニア転職スクールです。数あるスクールの中でも、AWS(Amazon Web Service)の習得ができるのが大きな特徴です。
総額¥315,000(税抜)
※AWS or Javaフルコースの場合
※分割支払にも対応
通学期間4ヶ月
学習形式オンライン
所在地どこでも(インターネットが接続できる環境であれば)
学べることJava,AWS(+開発の現場で通用する知識等)
スクールの特色
  • スクール業界の中でもAWSの習得が可能
  • 20代限定といった年齢制限が無い
  • 講師が皆最前線で活躍しているエンジニア
  • 2週間の無償トライアル期間あり
運営会社株式会社RaiseTech
設立2014年4月
注意事項
  • 求人紹介を受けられるが転職保証は特になし
  • 他社サービスを使っての転職活動もOK

3つのポイント

  1. エンジニア転職支援スクールの中でも、殆ど取扱いの無いAWSを学べる。
  2. 20代限定といった年齢制限がないため、30代以降でも受講が可能。
  3. 申込みから2週間は無償トライアル期間となっており、その期間に辞退する場合は受講料が全額返金される(ただし一部例外あり)。
  4. 講師が全員現役のエンジニアであり、開発現場に必要な知識も習得可能。

RaiseTechの最大の特徴は、何と言ってもAWS(Amazon Web Service)のスキルを習得できることにあるでしょう。

カリキュラムがAWSとJavaの2つに特化している点から、「就職する&めっちゃ稼ぐ」ことしか考えてないってくらいの徹底ぶり。

また、エンジニア転職は主に20代までという制約が多い中で、年齢制限を設けていないのも魅力的です。未経験でも学習スタートができるため、本気でエンジニアとして稼ぐ覚悟があるならば、見過ごすわけにはいきませんね。

無料相談に加えて2週間のトライアル期間もあり、受講料支払いも分割払いに対応しているため、入門の敷居が大分低くなっているのもありがたい限り。

 

RaiseTechの詳細はこちら

無料トライアル申込みはこちら
※14日間は全額返金OK

最後に:未経験転職は若ければ若いほど良い

未経験からの転職を目指すならば、間違いなく20代の早いうちが良いです

ITの現場は総じて20代の若い人が多く、年齢等の関係から30代を超えると現場に入りにくくなります。そのため、スクール側も受講生の転職支援が難しくなってしまう背景があります。

20代のうちはスキルが不十分でもポテンシャルで採用してくれるケースもあるので、転職に迷ったときはとにかく情報収集から始めてみて下さい。

その際に、転職支援の手厚いスクールに複数無料相談をしてみて、疑問に感じたことはご自身で納得がいくまで質問することをおすすめします。

  1. TECH::EXPERT(未経験から転職に強い&フリーランスも狙える)
  2. DMM WEBCAMP(受講生の就職率が98%&3ヶ月で転職を実現)
  3. Tech boost(転職実績多数の運営元&最先端技術も学べる環境)