転職・働き方

映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」感想

小池徹平主演の映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」を鑑賞しました。

きっかけは、今の会社の社長から「IT業界のリアルな側面を反映してるから、見ておくといいかも」とのことで、早速鑑賞してみた次第です。

話のストーリーは、小池徹平演じる中卒ニートの「マ男」が、母親の死をきっかけに、IT業界の企業に就職をするのですが、その会社がとんでもなく劣悪な労働環境であり、様々な困難がマ男に襲い掛かってくるお話です。

その中で、マ男が、苦難を乗り越えて成長していく話です。

内容にネタバレが含まれるので、見たくない方は目次で一番下の見出しリンクをクリックして飛んでください。

一言感想:世の中にはすげー会社があるんだなぁ

事前に社長から聞かされていたのは、

「実際のIT業界を結構如実に反映している」こと。

で、実際の映画の内容は、品川祐演じる態度がデカく、マ男をことあるごとに「バーカ!!」と罵るリーダーの傲慢さや、ガンダムオタクでマ男の先輩でありながらも、仕事ができない井手の無能ぶりを見ると、「マジかっ!?」と思わずに入られないことが多々あったことでしょうか。

正直驚きました。

よくこんなんで、会社が動いているなぁ、と。

 

では何故会社が業績を上げているかといえば、田辺誠一演じる藤田という、温厚で仕事ができる人間がいたから、です。

パレートの法則というものがありますが、それは「チームメンバーのうち、チームをリードしているのは全体の1割〜2割の人間」とのことで、6割の人間は「いてもいなくても変わらない人」で、残りの2割の人間については、「いないほうがマシ」という、考え方。。。

 

それを如実に表しているような職場環境でした。

有能な一部の人間が組織の大半を引っ張ってるというのは、本当なのかもしれないですね。

今の私は、きっと無能な大多数の方なのだろうな。。。

劣悪な労働環境と労働意識を美化するなよ

私個人で気に入らないところがあるとすれば、話の結末か。

藤田が退職し、職場の労働環境が改善されることはなく、そのような悲惨な環境の中でもマ男の「俺はまだ頑張れるかもしれない」という希望に満ち溢れた終わり方で、それに対して違和感が拭えませんでした。

明らかに、安全性の面で、労働者が肉体的にも精神的にも崩壊してしまう劣悪な労働環境を黙認どころか美化しているかのように思え、これはそのままでいいのだろうか、と思わずに入られませんでした。

だって、現実だったら自殺者がでるかもしれないのに…。

 

まぁ、産経が好みそうなお話だなぁ、と思ったりもしましたけれども。

 

とはいえ、1つの喜劇としてみれば、俳優の演技もなかなか(特に品川祐)なので、見ものとしては十分楽しめるものではあると思います。

 

ブラック企業の存在意義

業界の劣悪な労働環境を正当化していいのか、とは思わずにいられませんでしたが、知人から、

「こういう会社の場合、期間を限定して実務経験を得られる、いわば学校みたいに捉えられれいいんじゃない?」

 

という意見を頂きました。

 

さらに、

「マ男みたいな経歴がダメな人でも、実務経験を得ることができれば次の選択肢が広がるわけだから、そういう意味ではこういう会社も必要かもよ?」

とのこと。

いわば、次のキャリアのための踏み台としてブラック会社を活用せよ、とでもいうのだろうか。

ブラック企業が存在していいのかといわれれば

社員を蔑ろにするようなブラック企業が存在することは、私は正しいとは思いません。

しかし、どうしてもブラック企業と呼ばれるような文化や会社というのは、一定数は存在するのは、まぁ仕方がないと言えば仕方がないのかもしれません。

就職は結局「個人の選択」という要素があるわけだから、どういう生き方・働き方をするかは個人が決めるべきであり、そこは個人のライフプランによるものだよな、と。

もっとも、マ男の場合、自分のキャリアプランを描いているシーンは一切ないから、そんなことを考えているのかはわかりませんけどね。

 

労働者側の会社との付き合い方については、何かと考えさせられる作品だなぁと思いました。自分の働き方を考える上で、是非多くの方に一度は見てもらいたい作品ですね。

ちなみに現在ブラック企業につとめていて、本当にやばいという人は、誰かの助けを借りるべき状態です。退職代行サービス等を使ってでも、自分の身を守るべきでしょう。

退職代行サービスって何?メリットとデメリット、法律周りは大丈夫か調べてみた退職代行サービスって聞いたことありますか? 退職代行サービスとは、会社を辞める意思をもつ従業員の代わりに代行業者が退職の意向を伝え...

 

視聴ならAmazonビデオがおすすめ

内容が気になる方は、Amazonビデオでの視聴ががおすすめです。

プライム会員登録をすると、年会費3,900円で特定の映画が見放題というもの。

本記事で紹介した「ブラック会社に努めているんだが、もうオレは限界かもしれない」も、プライム会員であれば無料で何度も見放題です。

申込みから30日間は無料お試しできるのも、かなり良心的でした。

 

Amazonプライム会員の詳細はこちらからどうぞ

 

Fire HDがあると快適に視聴できます

また、プライム会員であれば安く購入できるタブレット「fire HD」を使うと、自宅で寝っ転がったり、ソファで寛ぎながらビデオが見られます。

レビュー記事も書いたので、是非参考にしてみてください。

「fire HD 8」は"ぼっち"ライフを楽しくする最強タブレットだった…!今やパソコンやスマートフォンを使いこなすのが当たり前の時代。 パソコン、スマートフォンも当たり前のように普及していますが、「タブレ...
ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
最新情報や登録者限定コンテンツをお届け!
LINE@バナー
配信内容
  1. Webやマーケティングに役立ちそうな情報
  2. アフィリエイトや副業などに関するコンテンツ
  3. ブログ・SNSでは書きにくいクローズド限定の裏話

上記のようなコンテンツをお届けするLINE@を作りました。

ブログ更新情報の他、ブログやSNSではなかなか言いにくいクローズド向けの情報・コラムを登録してくれた方限定でお届けします!

▼HaraKitのLINE@に無料で登録してみる