カメラ・写真

Rentio(レンティオ)で一眼カメラのレンズをレンタルしてみた。

一眼レフカメラって、やればやるほどいろいろな表現方法を見つけられて楽しいんですけど、いかんせんお金がかかるんですよね…。

高いお金払った後も使い続けられるかどうか、飽きないかどうか悩んでしまって、なかなか始められない方って多いんじゃないかと思います。

今回は、そんな人でも気軽に一眼レフを始められるRentio(レンティオ)というサービスを使ってみたのでご紹介します。

  • 一眼レフカメラを買いたいけど、お金ないのでレンタルで試したい!
  • 頻繁には使わないけど、知人の結婚式や旅行の思い出をきちんとしたカメラで残したい!
  • 買っても飽きるかもしれないので、とりあえず気軽に使ってみたい!

って言う人にちょうどいいと思うので、気になる方は是非チェックしてみて下さーい。

ガジェットレンタルサービスのRentio(レンティオ)

rentio公式サイトファーストビュー

Rentio(レンティオ)は、最新ガジェットをレンタルできるサービスで、一眼レフカメラはもちろん、ミラーレス一眼やビデオカメラ、ドローン、ルンバといった最新家電まで取り扱っています。

レンタルできるガジェット類は相当豊富なので、使ってみたい機材が何かしら見つけられそう!

レンズや三脚等の付属品のみのレンタルもOK

EF-S10-18ISSTMその1

もちろん、一眼レフやビデオカメラだけでなく、そういった機材の付属品やカメラのレンズのみといったレンタルも可能です。

実際に私も、一眼レフ本体ではなく、一眼レフ用のレンズのみをレンタルしましたので。

ただ、カメラ本体の場合は、ご自身でSDカード等の保存媒体は所有していないと、せっかく記録してもデータに残せないので(レンタルがないので)、保存媒体は忘れずに用意しておきましょう。

お手頃価格でガジェットを試せる

Photo by Héctor Martínez on Unsplash

一眼レフとかって、結構高額ですよね。

また、最新の機器だと値段も貼るので、購入する時って悩むと思います。

そんなときに、レンタルサービスなら

わたし
わたし
しゃっ、ちょっと試してみるか。

って感じで気軽に試せるのがメリット。

で、実際試してみて、

「あ、やっぱ購入するの辞めとこ」

ってなれば、

「これなら持っていたいな、買おう」

ってなる場合もあるし。

お試し利用にもオススメ!【Rentio】

結婚式、旅行、子供の運動会など、様々な用途に使える

結婚式とか

レンタルのいいところは、必要なときに必要な期間だけ借りれる(一時的に所有できる)ことに尽きます。

友人の結婚式をきれいな写真で残したい、子供の運動会を映像で残したいといった要望を叶えるのに、ちょうどよいサービスと言えそうです。

また、非日常を体験できる短期間の旅行でも、一眼レフカメラとかGoproを試すいい機会かも。せっかくの旅行の思い出は、きれいな写真や映像で残したいでしょうし。

機材を購入して所有するとなると掃除を含めたメンテナンスコストもかかってくるので、そこまでしっかり管理するの面倒…って思う人なら、レンタルは十分魅力的なものなんじゃないですかね。

カメラ、家電をかんたんオトクにレンタル【Rentio】

実際に注文してみた

実際に自分でも注文してみました。

私の場合、一眼レフ本体は所有していたので、カメラのレンズのみを注文。
レンタルしたのはこちらの商品。

11月23日に開催するイベントのために、超広角レンズで写真を残したいと思ったのがきっかけで、レンティオを使ってみることにしました。

申し込みの流れ

申込みも至って簡単です。

レンティオ申込み②

レンティオ公式サイトで、レンタルしたい商品をカートに入れます。

Amazonや楽天といったECサイトと同じような感覚でオーダーできますが、重要なのはレンタル期間。受け取る日にちと返却する日にちをしっかり確認して進みます。

尚、受け取る日にちは時間指定もできます。

レンティオ申込み①受け取る日にちに間違いがないか確認しましょう。

レジに進んで、メールアドレスの登録等を行います。

レンティオ申込み②

全て終われば、申込み完了。

直前で借りる日にちを間違えていることに気づき、一度リセットしてもう一度注文し直しました(汗)。

で、直前だと借りたい日にちの在庫がなくなっていて、借りたくても借りれない、って状況が起こりうるので要注意。

みなさんも、借りる日にちと返却の日にちを間違えないよう注意して、直前ではなくスケジュールに余裕を持ってレンタルするようにしましょう…!

機材が届いたら

Web上で申込みすると、ヤマト郵便が宅配で届けに来てくれます。

ダンボールを開放したら、オーダーした商品があるかどうか確認しましょう。

ご利用ガイドと返却用の伝票等が同封されていました。

ご利用ガイドを見れば、借りてから返すまでの一連の流れが書いてあるので、初めて使う人でも安心でした。

梱包を外すと

更に中には、包装紙等で包まれた機材も確認できました。

こちらが今回注文した、Canon製の超広角レンズ「EF-S10-18ISSTM」。

サイドにバーコードが貼り付けてあります。特に問題無さそう。

なお、機材を包んでいた緩衝材等は返却の際に必要になるので、くれぐれも破棄しないように気をつけましょう。

返却について

返却の際は、同封されていた伝票を記載の上、セブンイレブン等のコンビニへ持っていけばOK。

なお、返却は予め設定した返却日に、コンビニへ返送手続きをすれば問題ないので、最終日でも時間いっぱい使えます。

23:59にコンビニに出しても理屈上はOK(笑)。

なお、返却できるのはクロネコヤマトに対応しているコンビニのみ(セブンイレブン等が該当で、ローソンがNG)なので、そこんところはご注意を。

全品往復送料無料!【Rentio】

まとめ:使用頻度が低いならレンタルの方が絶対お得!

camera

ガジェットレンタルサービスは、

  1. 購入資金が潤沢にない人
  2. 普段使いには必要ないけど、イベントのときだけ使いたい人
  3. 買っても使うかどうかわからないのでとりあえず試したい人

上記に当てはまる人にとっては、大変都合が良いサービスです。

一眼などのガジェットは、所有するコストが結構かかるんですよね。日頃の掃除やホコリ取りだけでなく、年に一度のメンテナンスも含めると、それなりに負担になりますw

また、購入障壁が高いもの(高価なものとか)についても、いきなり購入するよりも、まずは一度自分で試してみたり、本当に自分にとって所有が必要かどうかを検討したりできる方が安心できるんじゃないですかね。

試したいガジェットがある人は、是非ともRentio(レンティオ)をチェックしてみて下さいね。

カメラ、家電、ガジェットのレンタル【Rentio】

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
最新情報や登録者限定コンテンツをお届け!
LINE@バナー
LINE@配信コンテンツ
  1. Webやマーケティングに役立ちそうな情報
  2. アフィリエイトや副業などに関するコンテンツ
  3. ブログ・SNSでは書きにくいクローズド限定の裏話

上記のようなコンテンツをお届けするLINE@を作りました。

ブログ更新情報の他、ブログやSNSではなかなか言いにくいクローズド向けの情報・コラムを登録してくれた方限定でお届けします!

▼HaraKitのLINE@に無料で登録してみる