Webマーケターの転職

リスティング運用派遣会社の選び方とおすすめのサービスを紹介

リスティング広告の仕事って作業量も残業も多いし、もう少し自分の時間が欲しいな…

この記事にたどり着いた方は、おそらく上記のような悩みを抱えているのではと思いますが、いかがでしょうか…?

私も派遣社員としてWebマーケターの仕事を経験していた時期があり、普通の社員と比較して派遣は定時退社することができたので、自分の時間をしっかり確保することができました。

また派遣をきっかけに当時未経験だった広告運用の仕事に携わることができ、そこから転職を繰返して何とか東証一部上場の会社にお世話になれるまでには至れました。

そのため、「派遣」は上手く使うことで、自分のキャリアを切り開くことって、決して不可能ではないと考えています(積極的に推奨するかどうかはともかく…)。

ただ、派遣会社ってどこも同じように見えたり、素人目で見たらどこがどう良いのかさっぱり分からないと思うので、この記事で詳しく説明していきますね。

リスティング広告の仕事ができる派遣会社やその選び方、そしてオススメのサービスまで扱っていきたいと思います。

リスティング案件を紹介してる派遣なら↓

おすすめなリスティング派遣会社の選び方

まずリスティング広告の仕事を探す際の選び方について。

気になっている派遣会社が以下項目について該当するか、まずチェックしてみてください。

  • 大手Web広告代理店の求人取扱いがある
  • 派遣会社がIT/Web・クリエティブ業界に特化または詳しい
  • 交通費が支給される等のサポート面がしっかりしてる

リスティング運用で派遣求人を選ぶべきはこんな人

派遣って特性上、誰でも選ぶべき働き方かというと決してそうではないと思うんですよ。日本社会においては、今なお正社員優遇の文化は変わらないですし、正社員とて安泰ではないという反論も多いですが、それを言うなら派遣や契約社員はそれ以上の負荷を背負ってるわって話ですし。

ただ、以下条件のいずれかに該当する人なら派遣を利用すべき余地が十分にあります。

その1.フルタイムが厳しく時短勤務したい人

まず、子育てなり御自身の体調なりで、長時間働くことがそもそも難しい人。

その2.実務経験が少ない(もしくは未経験の)人

次に、Web業界やマーケターの仕事が全くの未経験の人。私の場合、このパターンに分類されますね。

その3.既にWebデザイナーやWebエンジニアとして就業経験がある人

そして3つ目は、既にWeb業界でWebデザイナーやエンジニアとして働いてる人です特に、将来フリーランスとして独立することを想定している人ですね。

というのも、デザイナーやエンジニアといったクリエイター職の人が、リスティングを始めとしたWebマーケティングのスキルを身につけると、一気に単価を上げられるからです。汎用的なExcelスキルも身につきますし。

人での足りてない会社だと、マーケティング業務を兼務するケースも少なからずあるため、職域を拡げたいクリエイター職種の人は、時間に融通がききやすい派遣を選ぶことで、効率的に自分の市場価値を伸ばしやすくなるといえるでしょう。

リスティング派遣会社選びで注意すべきこと

ここまで割と派遣会社をプッシュしてきましたが、注意すべきこともあります。

派遣を選択する際の注意点についても解説しますね。

その1.Web広告の運用経験を少しでも積めるか

派遣会社を使う最大の注意点は「クソ求人を掴まされてしまうこと」です。

どういうことかというと、一言で言えば「いつまで経ってもスキルが身につかない」求人のこと。これを選んでしまうと、かなりまずくて、貴重な20代の時間を浪費することになりかねません。

特に未経験ないし実務経験が少ない状態であれば、レポート作成みたいなExcel作業しかやらせてもらえない可能性もゼロではないため、派遣の担当者には「広告の運用だけじゃなく、企画書の作成、レポーティング、クライアント報告会まで一気通貫でやらせくれるところでよろ!」とはっきり伝えましょう。

その際、MOSやリスティング広告に関連する資格などがあれば、実力者としてみなしてくれる可能性もゼロではないので…

どうしても駄目だった場合には、Webマーケティングスクールに通う等して自分でスキルアップすることをオススメします。派遣だと時間に融通が効くので、正社員よりかはしやすいはず。

その2.担当エージェント(コーディネーター)が業界に詳しいか

もう一つの注意点が、担当エージェントがWebマーケティングやリスティング広告の仕事に疎いケース。これも致命的です。

派遣会社業界の良くない点でもあるのですが、時々求人を紹介する分野に関する知識がない人間がエージェントなりコーディネーターなりをしてる場合があります。

これは人手が足りてない中小零細の会社や、総合型の派遣会社で見られます。IT業界特化型であれば、ゼロではないですが避けやすいです。

これは不可抗力な側面がありますが、担当者がマーケティング業務に弱かったらチェンジをお願いしましょう。もっとも、ちゃんとした良心的な会社であれば詳しい担当者に変わるはずですけどね。大体の場合、企業求人ってエージェントごとに担当してるはずなので、とにかく「担当者」をよく見ましょう。

オススメの派遣会社は「Modis」

アデコのIT派遣modis
画像出典:Modis公式サイト

さいごに:派遣とハサミは使いよう

というわけで、派遣会社について解説しました。

派遣というと、やはりネガティブなイメージが合ったり、業務範囲に制限があったりするため、デメリット面も気になるところですが、結局は「使いよう」です。

上手く使えば新しいキャリア開発のきっかけにもなりますし、ライフステージによっては自分の時間を大切にできる働き方であるため、特徴をおさえた上で利用するのが良いでしょう。

おすすめの派遣会社はModisですが、他にも探せばあるので気になる方はまずModisに無料登録し、必要に応じてあと1〜2社分も無料登録すればいいかなと思います。

ABOUT ME
ハラキット
20代後半から未経験でWeb業界入りしたWebマーケター。ITとマーケティングのスキルがあれば人生をやり直せること、そしてそんな人の力になるべく日々活動中。本業は運用型広告(Google/Yahoo!)ですが、副業の最前線もお伝えしていく予定です。
Webマーケティングで今よりも更に成長したい人へ

ビジネスマン

  1. Webマーケターとして活躍したい!
  2. Webマーケティングを用いて更にキャリアアップしたい!
  3. 未経験だけどWebマーケティングに挑戦したい?

 

Webマーケターに興味を持ち、更に実務を積んで今よりもさらに上流の仕事につきたいと考えるなら、転職の専門家であるエージェントを活用していましょう。

特に、転職経験が少ない人や、転職初心者であれば、転職支援サービスを使うことで、企業が転職希望者に求めていることが分かります。

人生における重大な決断である転職を失敗させないために、良質なエージェントを活用して、キャリアップに挑戦してみませんか?

Webマーケティング転職におすすめの転職エージェント

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA