副業

今さら聞けない仮想通貨。素人なりに調べてまとめてみた。

2017年は仮想通貨が大分世の中に知れ渡った年でした。

何を隠そう、私もはっきりと知ったのは2017年でしたし。

あなたは仮想通貨、持っていますか?

 

仮想通貨についてよく調べもせずに、

仮想通貨?実態のないお金って怖いな〜。現金が一番でしょ?

と切り捨ててしまうのは、さすがにどうなのかなって思いました。

調べてみると、仮想通貨はお金の在り方そのものを変える可能性のある、非常に興味深いものだと分かり、そういったものが社会を変える様を見てみたいと思ったので、私も始めてみました(もちろん儲けたい気持ちもあります)。

というわけで、

  • 仮想通貨を始めたい人
  • 持つかどうかは分からないけどとりあえず知りたい人

こんな人達向けに、素人なりに頑張って説明してみたいと思います。

仮想通貨とは?

仮想通貨は、ブロックチェーンという技術によって誕生した、実態を持たないデジタル通貨のことを指します。

実体を持たない、バーチャルであるが故に「仮想通貨」と呼ばれるようですね。

後述する「ビットコイン」が「サトシ・ナカモト」と呼ばれる方の論文で提唱されたブロックチェーン技術に興味を持った人たちによって開発が進められた背景があります。

丁度2008年から2009年頃の出来事だったようです。

ブロックチェーン技術

仮想通貨の概念を理解するために必要なのが、このブロックチェーン技術。

ブロックチェーン技術とは、「分散型」台帳技術のことを指します。

数百から数千個の取引記録をブロックにまとめ、それを一括でして承認し、そのブロックをひとつなぎのチェーン(鎖)のように連結して、これまでの取引記録を保存します。

そうすることで、「誰が誰に対していくら送金(受領)した」という、コインのやり取りを全て記録することができます。

ちなみに、ブロックチェーン技術を学ぶこともできまして、プログラミングスクールのTech Boostでは、3ヶ月間コースの3ヶ月目に学ぶことができます。

Webアプリ開発未経験で転職するならTech Boostが狙い目! プログラミング未経験だけどWebアプリ開発したい 未経験からWebエンジニアに転職したい 今後稼げそうなIT技術...

仮想通貨が価値を持つ理由

仮想通貨が価値を持つのは、単純にそれ自体に「信用」があるから。

では、その信用を担保するものは何かというと、主に以下の理由。

  • 偽造・改変できないこと
  • 特定の国や企業の思惑に左右されない
  • 数に限りがある

偽造や改変が平気でなされたら、貨幣の価値なんてあって無いようなものですよね(偽札とか)。

また、普段は意識しませんが、日本の「円」が価値を持つのも、日本政府が機能しているからで、政府が「円」を否定すれば、福沢諭吉の描かれた1万円札もただの紙屑同然。

そして何より、金(きん)と同じように数に限りがあるからこそ、それ自体に価値が生じるというのも、よく分かるかと思います。

仮想通貨=BitCoin(ビットコイン)じゃないの?

仮想通貨というと、まずBitcoin(ビットコイン)を連想する人が多いと思います。

ビットコインは確かに仮想通貨ですが、厳密に言うと数千種類ある仮想通貨の1種にすぎません。

例えば他にも、イーサリアム(ETH)、リスク(LSK)、リップル(XRP)、モナコイン(MONA)といった通貨があります。

仮想通貨は他にも種類があり、こうした通貨をアルトコインといいます。

仮想通貨(アルトコイン)の一例

アルトコインについて、有名なものを紹介します。

イーサリアム(ETH)

ビットコインの次に、急速に広まりつつあるのがイーサリアム(ETH)。

イーサリアムは、不動産などの契約情報をブロックチェーン技術を使って保存・管理するためのプラットフォームです。

イーサリアムは、既にマイクロソフトのような大手企業にも採用されるくらいなので、今後の成長が見込めるんじゃないかと注目を集めている通貨の1つです。

リップル(XRP)

リップル(XRP)もアルトコインの中では代表的な存在。

リップルは、リップル社によって開発が進められている、分散台帳型技術を即時決済システムに応用したもので、海外為替や送金システムに活用される通貨です。

(リップル社開発という点で、仮想通貨とは少し異なる位置づけかも?)

住信SBI銀行等で有名なSBIホールディングスが絡んでいることもあり、こちらも今後の成長が期待できる銘柄かもしれません。

仮想通貨を持つにはどうしたらいいの?

今一番人々の関心があるのが、仮想通貨取引きかと思います。

仮想通貨取引きを始めるには、仮想通貨用の取引口座が必要になります。

私は日本国内の取引所であるcoincheck、bitbank、Zaifの口座をそれぞれ作り、さらにBinanceという海外取引所も併せて開設しました。

どの口座を開設するにしても、身分証明の提出が必要になるので、運転免許証等の身分を証明するものは事前に用意しておきましょう。

2017年12月時点で口座開設者が急増しているため、口座ができるまでには時間がかかるものもあります(Zaifなど)。

ちなみに口座開設は無料で行えました。

仮想通貨取引き(投資)はあくまでも自己責任で!!

仮想通貨取引き(トレード)はあくまでも自己責任で行うものです。

自分で情報を得たけれども、よく分からない、納得がいかないと思ったものに対しては、決して手を出さないで下さい。

ネットワーク商法に代表されるようなものも含めて、これは鉄則ですよね。

自分で納得し責任が取れる範囲で始めるべきなので。

始めるなら、失っても構わないと割り切れる金額からがいいです。いきなり大金を突っ込んだりするのは危ないので控えましょう。

少額から始めることも可能です。

資産を増やす方法は仮想通貨取引きだけじゃない

ゲス
ゲス
ヒャッハー!!仮想通貨で一儲けだー!

と考える方は多いと思うのですが、何も仮想通貨だけが儲ける手段ではないことはしっかりと知っておいて下さい。

何のために投資をするのかによっては、仮想通貨よりもリスクを抑えつつ投資ができるものもあります。

例えば、投資信託とか。

ちなみに私自身は、2017年にセゾン投信で積立投資をはじめました。

毎月定額5000円から引き落としで、プロの方が代わりに資産運用してくれるので、運用しながらも本業である会社員の仕事に集中することができます。

お給料が少なくても、わずかな金額から積立投資が出来るので、時間をかけて積み立てていけば、やがて大きな金額に育てられます。

もちろんリスク(投資した金額よりも減少してしまうこと、『元本割れ』とも言う)はありますが、今はそこまで金額を積んでいるわけでもないので、まぁ大したことはないでしょう。

お金の魔力に取り憑かれないためにも、自分は何故投資をするのか、稼いだ金額で何をしたいのかをはっきりさせておけば、仮想通貨だけでなく、いくつか最適な手段は見つけられるはず。

是非、自分にあった方法で資産を増やせないか、情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨をより深く理解するには

仮想通貨について勉強するのに利用した書籍です。

おすすめは『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』(ディスカヴァー・トゥエンティワン 2017年)です。

書籍やWeb上の記事を活用して、今後注目を浴びるであろう仮想通貨についての理解を深めてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
最新情報や登録者限定コンテンツをお届け!
LINE@バナー
LINE@配信コンテンツ
  1. Webやマーケティングに役立ちそうな情報
  2. アフィリエイトや副業などに関するコンテンツ
  3. ブログ・SNSでは書きにくいクローズド限定の裏話

上記のようなコンテンツをお届けするLINE@を作りました。

ブログ更新情報の他、ブログやSNSではなかなか言いにくいクローズド向けの情報・コラムを登録してくれた方限定でお届けします!

▼HaraKitのLINE@に無料で登録してみる