スキルアップ

WebマーケターはSQLを覚えるべき?本当に仕事に生かせるの?

WebマーケターがSQLを学ぶメリットは?

徐々にではありますが、私の周りでSQLのスキルが求められるようになる機会が増えました。なので、今後Webマーケターの必須科目になるかも知れません。

とはいえ、身につける理由や意義がないと、新しいスキルを身につけるのは結構大変なのも確かです。

この記事では、WebマーケターがSQLを身につけることの必要性と、どのようなメリットがあるのかについて紹介します。

SQLって何?興味はあるけど勉強するの大変そうと考えていらっしゃる方にとって、何かしら参考になれば幸いです。

SQLとは?【データベースを扱う言語】

SQLとは、ざっくり一言で言うと「データベースを操作するための言語」です。

一般的にプログラミングというとHTML/CSS、JavaScriptといったWebサイトを作るための言語を思いつく人が多いかも知れませんが、SQLはちょっと違うんですね。

SQLへの理解を深めるためにはデータベースへの理解が必要になります。

データベースとは何なのか

(データベースの仕組み図)

データベースはあらゆるところで使われている

(データベースが入ってるサービス一例、というかほぼすべてのサービスに入ってるでしょ)

データベースはありとあらゆるところで使われてるんですよね。というか、データベースがなければ大半のITサービスやWebアプリケーションは作動しないです…。

例えば銀行口座のシステム等にも、データベースは使っています。誰かが口座で取引をするたびに、取引の結果が更新され、それが顧客情報を蓄積しているデータベースに反映されます。

また、WordPressで作成しているこのWebサイトでもデータベースは使われています。データベースにもいくつか種類がありますが、WordPressではMySQLが使用されていますね。

より大きなWebサービスの規模で言えば、Googleやfacebook、Amazonはデータベースなくして存在できません。それどころか蓄積されたデータベースこそ、最も価値を持っている企業といっても過言ではないでしょう。

何故WebマーケターにSQLが必要なのか

(考え込む画像)

エンジニアでもないWebマーケターが、何故SQLを身につけるべきなのか。

その理由は、データ活用をしてマーケティング施策に活かす動きが進んでいるためです。

いわゆる、データドリブンマーケティングと呼ばれるものですね。

データから次の意思決定に繋げるのがマーケターの仕事

(データ分析の図。グラフとか入ってる系)

マーケターの仕事は、得られたデータを基準に、次に打つべき施策を考え実行することです。そのため、データを使いこなすことが必須スキルと言えます。

そのような観点から、データベースを操作し、必要な情報を取得できるSQLは、マーケターにとって相性の良い言語といえますね。

SalesforceなどのITツールでもSQLは役に立つ

(Salesforce)

SQLは汎用性も広く、様々なWebサービスでも使われています。

先述したWordPressでもそうですが、他にも多くの企業が導入しているSalesforceやGoogleのBig Queryといったサービスでも使われてますから。

そのため、一度基本的な文法を身につけて実務に活かすことができれば、横展開をしやすいのです。

今後はデジタルを扱うスキルが必要になる

(AIのイメージ)

Webマーケターの職域は、どんどん広がってきているのが現状です。

例えばリスティング広告は検索エンジンからの集客に強いですが、検索エンジンからYoutubeに人々の関心や需要が集まれば、今度はYoutubeを活用したマーケティング遂行能力が求められます。

テクノロジーの発展に伴って必要となるスキルがどんどん変化してきおり、マーケターにも今後はプログラミング等の技術寄りの力が求められる可能性もあるかもしれません。

そのような将来がくることを踏まえ、今からでも勉強をしておくことはリスクヘッジにもなるのではないでしょうか。

Webマーケターにプログラミングは必要なのか
Webマーケターにプログラミングは必要?学ぶならどの言語?Webマーケターにプログラミングスキルは必須ではありません。しかし、プログラミングスキルがあれば仕事の幅が広がります。具体的にWebマーケターがプログラミングできるとどんなメリットがあるかをまとめてみました。...

最後に:「質」を高めるなら学習する価値あり

(勉強してるビジネスマン風)

SQLやデータベース活用といったスキルは、今後Webマーケターにとって、必須のスキルとなるかもしれません。

必須ではないにしても、自らの専門性と技術力を培うことでより付加価値のある仕事ができるようになるのは間違いありません。

企業側も、人材の「質」を重視するところであれば、広告やSEO、CRMだけでなく、サーバーサイドやデータ分析ができる人を求めるでしょうし。

すなわち、年収を伸ばしたい、より付加価値の高い仕事をしたいと考えるなら、少しでも早くSQLを身につけることで、他のマーケターと差別化できるようになれると考えられます。

自らのキャリアと可能性、そしてたくさん稼ぐためにも、SQL習得のために努力してみてはいかがでしょうか?

SQLを勉強するなら

今やSQLを学ぶ方法はいくらでもあります。

書籍でも動画でもプログラミングスクールでも、自分にあった方法であれば何でも良いのではないでしょうか。

Webサービスで学ぶなら

Webサービスでも、SQLを学ぶ方法はあります。手始めにやるなら、ProgateやUdemyがお手軽かもしれませんね。

書籍で学ぶなら

書籍の一例は以下の通り↓

ABOUT ME
ハラキット
20代後半から未経験でWeb業界入りしたWebマーケター。ITとマーケティングのスキルがあれば人生をやり直せること、そしてそんな人の力になるべく日々活動中。本業は運用型広告(Google/Yahoo!)ですが、副業の最前線もお伝えしていく予定です。
Webマーケティングで今よりも更に成長したい人へ
ビジネスマン
  1. Webマーケターとして活躍したい!
  2. Webマーケティングを用いて更にキャリアアップしたい!
  3. 未経験だけどWebマーケティングに挑戦したい?

 

Webマーケターに興味を持ち、更に実務を積んで今よりもさらに上流の仕事につきたいと考えるなら、転職の専門家であるエージェントを活用していましょう。

特に、転職経験が少ない人や、転職初心者であれば、転職支援サービスを使うことで、企業が転職希望者に求めていることが分かります。

人生における重大な決断である転職を失敗させないために、良質なエージェントを活用して、キャリアップに挑戦してみませんか?

Webマーケティング転職におすすめの転職エージェント

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA