ブログ運営

超便利!Googleタグマネージャのメリットと導入方法

サイト運営において、タグの管理って結構面倒。

Google アナリティクスからResearch Artisanなど、色々あるので。

そんな中、Googleが提供する「Googleタグマネージャ」を導入したのですが、これが如何せん便利便利。

WordPressでブログを開設したよ!
Googleアナリティクスを導入したよ!

というレベルは誰でもいけますが、より高度なWebマーケティングをするならば、Googleタグマネージャの設定・使い方は覚えておいて損はないでしょう。

というわけでこの記事は、

  • Googleタグマネージャって何?アナリティクスとどう違うの?
  • タグマネージャを使うとどんなメリットがあるの?
  • タグマネージャってどうやって設定すればいいの?

という人向けの内容になります。

また、以下に該当する人は是非とも実装できるようになることを推奨します。

  • Webマーケッター志望者
  • アフィリエイター
  • Web解析等を勉強したい人

興味のある方のお力になればと思います。

Googleタグマネージャって何?

まず、タグマネージャとは何なのかをさらっとおさらい。

一言でいうと、Googleタグマネージャはサイトに埋め込むタグを一元管理するためのツールです。

Googleアナリティクスとの違い

Google Analyticsは、あくまでもサイトの解析するためのツール。

一方、Googleタグマネージャはアナリティクスの分析に必要なタグを一元管理するツールです。

 

知識がない状態だと、両者の違いを把握できてない人もいらっしゃるので、ここではっきりと違いを区別しておきましょう。

Googleタグマネージャってどんなメリットがあるの?

タグマネージャってタグを管理するだけなん?

それなら、別にわざわざ使わなくても…と思う人もいるかも知れません。

そんな人には、まずタグの管理が楽になることがどんな恩恵があるのかを知ってもらいたいところ。

また、タグマネージャにすることで、サイトのアクセス解析上でも役に立つメリットをしっかりと享受できます。

タグ一元管理による作業工数の劇的改善

現在運営しているサイトについて、どのくらいのタグを使っていますか?

はじめての人はせいぜいGoogle Analyticsぐらいだと思いますが、本格的なアフィリエイトサイトやリスティング広告を活用している人の場合、コンバージョンタグ、リマーケティングタグなど、様々なタグを使っていると思います。

サイトを運営していくにつれてたくさんタグが増えてきた人にとっては、タグマネージャを使うことでタグの取り外しがシンプルに行え、サイトのソースコードをきれいにできます。

そうすると、社内のWebコーディング担当にいちいちタグの取り外しを依頼せずとも、自分で完結できます。

これだけでも、作業効率が大幅に改善できるんですよ!

 

ちなみに私は、Google Analyticsの他、Research Artisan Proの計測用タグ等も使用しているので、タグマネージャには助けられてます^^

どのように設定するの?

導入の簡単な流れは次の通り。

  1. Googleタグマネージャのアカウント開設
  2. Googleタグマネージャ用タグをサイトに埋め込む
  3. 管理タグを設定し発火すればOK

アカウントを解説すれば、誰でもできます。

また、WordPressの場合は、プラグインを使ってもOKです。

Googleタグマネージャのアカウント開設

まずはGoogleタグマネージャ公式ページで、アカウントを開設します。

Googleアカウントを所有しているなら、大して苦労することはありません。

Googleタグマネージャ用タグをサイトに埋込む

続いて、タグマネージャ用のタグを埋込みます。

タグマネージャを使用しない場合、導入する個別タグについて、それぞれ個別で埋込みが必要になるので、これ1つで完結すると思うと大分楽ですよね?

管理タブ→「Googleタグマネージャをダウンロード」を選択すれば、埋込むタグが出てきます。

 

WordPressの場合は、header.phpの該当箇所にタグを埋め込めばOK。

これでタグマネージャ用タグの埋込みができました。

使用する管理タグを設定し発火すればOK

タグを埋め込めたら、今度はタグマネージャの管理画面で、色々設定します。

細かい設定については話すと長くなりそうなので別の機会に譲りますが、一通りの設定を済ませた後に発火すれば、タグマネージャが起動します。

Google AnaylticsやGoogle Adwords関係のタグは、比較的簡単に設定できるでしょう。

 

これでタグマネージャの設定は一通り完了です。

WordPressのプラグインを使う場合

私自身はプラグインではなく直接PHPファイルにタグを記述したので使用していませんが、WordPressの場合はプラグインを使うことでもタグマネージャを導入可能です。

プラグイン>「新規追加」にて、「Google Tag Manager」というプラグインをインストールすることでも使用できます。

他にもいくつかあるようですが、こちらのプラグインで十分でしょう。

タグマネージャ導入時の注意点

タグマネージャは大変便利なツールではあるんですが、一つ注意しないといけないことがあります。

それは、サイトに埋め込むタグと、タグマネージャで管理するタグとがタブルブッキングしてしまうこと。

これをやってしまうと、例えばGoogle Analyticsの数字が通常よりも約2倍の数字で計測されてしまうなど、正確なアクセス解析ができなくなります。

対策としては、タグマネージャのタグを埋め込む前に、既存のサイトに埋め込んでおいたタグをしっかりコメントアウト&削除する等して、管理すること以外ないでしょう。

実際の仕事現場でも、Google Analyticsタグのダブルブッキング(しかも埋め込んだ業者が異なる)が問題になるケースがあります。

 

個人の方は、ぜひ注意してください。

まとめ:タグ管理だけでなく個人でのWeb解析にも使える

Googleタグマネージャを導入すると、複数管理しなければならないタグの管理を一括で簡単に管理できます。

実際にサイト上でWebマーケティングを実施する必要のある場合は、様々なタグを活用することになると思うので、一元管理の恩恵は想像以上に大きいですよ。

 

是非とも、導入してみてはいかがでしょうか。

Google Tag Manager登録はこちらから

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
最新情報や登録者限定コンテンツをお届け!
  1. Webやマーケティング、プログラミングの役立ちそうな情報
  2. アフィリエイトや副業、みんなが気になる(?)コンテンツ
  3. ブログには恐れ多くて書けないクローズド限定の裏話

上記のようなコンテンツをお届けするLINE@を作りました。

クローズド向けの情報を、LINE@に登録してくれた方限定でお届けしています!

▼HaraKitのLINE@に無料で登録してみる