エンジニア転職

TECH::CAMPとTechAcademyを徹底比較【初心者はどっち?】

こんな人向けの内容です
  1. TECH::CAMP(テックキャンプ)とTechAcademy(テックアカデミー)って、どこがどう違うの?
  2. プログラミングスクールって、どうやって選べばいいの?
  3. IT初心者はテックキャンプとテックアカデミー、どっちがいいの?

こんな疑問を解決したいと思います。

プログラミングスクールでも特に有名所といえば、TECH::CAMP[テックキャンプ]TechAcademy [テックアカデミー]が代表的ですよね。

この記事では、それぞれのサービスの違いを徹底的に比較しました。

よくプログラミングスクール選びで失敗し損をしてしまったという声をちらほら聞くので、しっかりとスクールの違いをチェックして、納得のいく選択ができる一助となれば幸いです。

テックキャンプとテックアカデミーの違い

TECH::CAMP(テックキャンプ)とTechAcademy(テックアカデミー)

TECH::CAMPとTechAcademyの比較表を作ってみました。↓

項目TECH::CAMP
(テックキャンプ)
TechAcademy
(テックアカデミー)
運営会社株式会社divキラメックス株式会社
学べる言語HTML,CSS,JavaScript,SQL,
Ruby,Pyhon,PHP 等
HTML,CSS,PHP,MySQL
※「はじめてのプログラミングコース」の場合
費用(税込)入会金:¥162,800
月額費:¥16,280
※7日間満足行かない場合は返金可能
学生 :¥97,900
社会人:¥108,900
※「はじめてのプログラミングコース」の場合
※学習期間が4週間の場合
延長月謝制なので可能
※卒業後も教科書の閲覧は可能
可能
※ただし追加料金が発生
学習形態通学型(オフライン)
※一部オンライン対応
完全オンラインのみ
対応エリア東京(渋谷、新宿、池袋、東京駅前)
愛知(名古屋)
大阪(梅田)
全国
受講期間期限なし(更新性)最短4週間
コースの数5種類
※ただし在籍期間中は受け放題
25種類(単体コースのみ)
メンタースクールの卒業生
※ただし選択が可能
現役のエンジニア
※選択不可
転職支援TECH::EXPERTにて実施
WEBデザインコースはこちら
テックアカデミーキャリア

はっきり言って、テックキャンプとテックアカデミーは対称的なサービスです。特に、次の4点については大きな差異があると言えます。

4つの大きな違い
  1. 受講形式(通学型or完全オンライン型)
  2. コースの数と質(横断型or集中型)
  3. メンターの質(卒業生or現役エンジニア)
  4. 受講費用(月謝制or買い切り制)

以上により、受講を検討する際には事前に双方の内容について、しっかり確認する必要があります。

相違点その1.受講形式(通学型と完全オンライン型)

項目TECH::CAMP
(テックキャンプ)
TechAcademy
(テックアカデミー)
受講形式通学型
※一部オンライン対応
完全オンライン

まず大きな違いとして、TECH::CAMPは通学型スクールであるのに対して、TechAcademyは完全にオンラインでの受講です。

そのため、TechAcademyは場所に囚われることはないのですが、学習のモチベーションを保つ方法がメンターとのメンタリングのみとなります。

一方でTECH::CAMPは、東京(渋谷・新宿・池袋・東京駅前)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)にそれぞれ校舎があるため、通える人は限られますが学習のモチベーションは維持しやすいといえます。

  1. テックキャンプは通学型で、関東・東海・関西圏在住者限定となる。
  2. テックアカデミーはオンライン型で、全国どこでも受講が可能。

相違点その2.コースの数と質(+α横断型か集中型か)

項目TECH::CAMP
(テックキャンプ)
TechAcademy
(テックアカデミー)
コースの数5種類
※ただし在籍期間中は受け放題
25種類(単体コースのみ)

続いて、受講できるコースの数です。TECH::CAMPは全部で5つであるのに対し、TechAcademyは25種類あります。

しかし注意すべきは、TECH::CAMPは在学中、全コースが学びたい放題となります。つまり、数十万でWebアプリ開発からAI、Webデザインなどがいくらでも学べる、いわばコース横断型。

一方TechAcademyは、1つのコースを受講するのに約¥100,000程掛かります。そのため、値段に対して学べる内容が少ないと思いますが、限られた学習範囲をしっかり固める集中型といえます。

  1. テックキャンプは、数十万円でWebサービスからオリジナルアプリ、AI開発、デザインが学びたい放題。
  2. テックアカデミーは、1つのコースを最短4週間でみっちり集中して取組むスタイル。

相違点その3.メンターの質(卒業生か現役エンジニアか)

項目TECH::CAMP
(テックキャンプ)
TechAcademy
(テックアカデミー)
メンター(講師)スクールの卒業生
※ただし選択が可能
現役のエンジニア
※選択不可

プログラミングスクールにおいては、メンター(講師のような存在)の質は非常に重要です。特に、IT・プログラミング初心者であれば尚更です。

テックキャンプの場合はメンターはスクールの卒業生(学生含む)であり、一方テックアカデミーは現役のエンジニアが担当します。

人に関する部分については一概に言うのは難しいですが、現役エンジニアの方が業界や仕事についても明るいのは間違いないでしょう。しかしテックキャンプは、相性が良いメンターを選べる余地が残されてます。

  1. テックキャンプのメンターは、スクールの卒業生が担当する。
  2. テックアカデミーメンターは、雇われの現役エンジニアが担当する。
  3. 質に関して言えば、テックアカデミーの方が業界や仕事内容について確実に詳しいでしょう。

相違点その4.受講費用(月謝制か買切り制か)

項目TECH::CAMP
(テックキャンプ)
TechAcademy
(テックアカデミー)
費用(税込)入会金:¥162,800
月額費:¥16,280
※7日間満足行かない場合は返金可能
学生 :¥97,900
社会人:¥108,900
※「はじめてのプログラミングコース」の場合
※学習期間が4週間の場合

そして非常に重要な費用面について。

テックキャンプは月謝制を採用しており、入会金で¥162,800(税込)、毎月の月謝で¥16,280(税込)が発生します。これは、卒業するまで毎月支払う形になります。

一方テックアカデミーは、コースの購入による買切り型です。社会人の「はじめてのプログラミングコース」で¥108,700(税込)が発生します。ただしこれは、4週間コースの場合で、8週間、12週間と増えるごとに、費用は増加します。

また、いずれのコースも分割払いが可能なので、まとまったお金がないけどどうしても受けたい!という人は相談してみるのが良いですね。

なお、テックキャンプは月謝制なのでもちろんですが、テックアカデミーでも期間延長は可能です。延長する場合、別途料金が追加になることは予め注意しましょう。

  1. テックキャンプは月謝制を採用しており、それとは別に入学金も必要。
  2. テックアカデミーは買い切り型を採用しており、購入したコースの金額のみでOK。延長もできるが別途追加料金が掛かるため要注意。

TECH::CAMP(テックキャンプ)はこんな人におすすめ

テックキャンプイメージ

ここまでの比較を通して、テックキャンプはどんな人に向いてるのかまとめました。

テックキャンプがおすすめな人
  1. 東京・愛知・大阪在住の人
  2. オンラインだと続く自信がなく通学型のスクールで勉強したい人
  3. Webサービス開発からAI、デザインまでとにかくガッツリ学びたい人

TECH::CAMPの無料体験に申込む

TechAcademy(テックアカデミー)はこんな人におすすめ

テックアカデミーはじめてのプログラミングコース

テックアカデミーについても、同様に見てみましょう。テックアカデミーがおすすめな人は次のとおりです。

テックアカデミーがおすすめな人
  1. オンライン学習で自分のペースで学びたい人
  2. 現役のエンジニアをメンターにおいてプログラミング学習をしたい人
  3. あれこれ手を出してもできる自信がないので、まず選んだコースをやり抜きたい人

TechAcademyの無料説明会を視聴する

結論:初心者はTechAcademyの方が良い

以上を比較した上で、私の意見を述べます。

結論から言うと、ITやプログラミング初心者はTechAcademy(テックアカデミー)の方が良いといえます。その理由は次の通り。

テックアカデミーがおすすめな理由
  1. 短期集中学習がベターだから
  2. 初心者ほどメンターの質が重要だから
  3. 学ぶことを限定した方が定着しやすいから

詳しく説明しますね。

理由1.初心者のプログラミングは短期集中がベターだから

まず、初心者がプログラミングを学ぶにあたり、決まった期間でしっかり学習する方が効率が良いです。

もちろん技術を身につけて初心者を卒業するには、1ヶ月〜3ヶ月では厳しいです(最短でも6ヶ月は欲しい)。しかし、だからといってだらだらやってもしょうがいないです。

事前にプロゲート等で学習した上で選択したコースをしっかりやり抜けば、学習が定着します。

理由2.初心者ほどメンターの質が重要だから

次に、メンターの質にはやはりこだわった方が良いでしょう。

テックキャンプを否定する意図はないのですが、初学者ほど業界や勉強方法を現役のエンジニアに聞いた方が仕事への理解も深まります。

もちろん現役エンジニアとはいえ、テックアカデミーのメンターに外れがないかといえば、それは嘘になるでしょう。これについては、多少の運だと割切る必要があるといえます。

理由3.初心者は学ぶことを限定した方が定着しやすいから

始めのうちは、学習することをしっかりと限定した方が学習効率は良くなります。

テックキャンプの複数コースを横断できる仕組みは大変魅力的ですが、始めの内ほどあまり目移りせず、初心者向けの内容をやり抜くことが重要です。

プログラミングはどの言語も多少性質が似ているため、1つの言語で基礎的なことをしっかりと抑えられれば、他の言語にも対応できます。

初心者ほど最初の躓きで心が折れてしまいがちですが、メンターと上手くコミュニケーションをとって課題をクリアすることでレベルアップを目指しましょう。

例外:エンジニア転職が前提なら話は別

初心者はテックアカデミーが良いと述べましたが、例外もあります。それは、未経験からエンジニア転職を目指す場合です。

エンジニア転職を目指すのであれば、テックアカデミーやテックキャンプではなく転職保証のあるスクールを選ぶ方が安全です。

費用は掛かりますが、転職できなければ全額返金保証制度がついているものであるので、費用的な損失は防げます。

こちらの記事でいくつか解説しているので、詳細をチェックしてみて下さい。↓

エンジニア未経験でも転職を狙えるIT・プログラミングスクール5選早速スクールを見てみる!▼ この記事は、 という方向けの内容です。 未経験からでもエンジニアとしてキャリアを歩みた...

最後に:自分に向いてると思った方を選ぶなら説明会に参加しよう

プログラミングスクールを比較するポイントは次の通りです。

スクールの判断ポイント
  1. 受講形式(オンラインか通学か)
  2. メンター(現役社会人か否か)
  3. 料金体系(一括払いか更新性か)
  4. 学ぶ目的(学習・スキルアップ目的か転職目的か)

プログラミングスクールによって、学習環境や料金、スクールの強みor弱みが異なります。

また、プログラミングを学習する目的によって選ぶコースも変わってくるので、ITに詳しくない人ほど判断が難しいのは確かでしょう。

ですが、どのスクールでも無料相談会や無料体験会を行っているので、実際に体験会や説明会に参加することで、具体的なイメージが掴めるはずです。

気になる疑問は無料相談会や無料体験を通じて少し多く解消できれば、プログラミング学習を通じて生涯年収を伸ばすことも、決して不可能ではありませんよ。

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
IT業界未経験でもIT・Webエンジニアになれる?
プログラミングイメージ

結論から言うと、未経験からでもエンジニアになれます。

エンジニアは元々専門的なスキルがないとなることが難しい職業ですが、現代においては、プログラミングを学習できる環境が大分整ってきました。

中でも、エンジニアへの転職支援も想定したIT・プログラミングスクールも多数あるので、これからエンジニアへとキャリアチェンジしたい人にとっては朗報と言えるでしょう。

詳しく記事にまとめましたので、是非チェックしてみて下さい。

エンジニア転職を目指せるITスクールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA