転職・働き方

お試し移住ができる仕事「はたらくどっとこむ」について調べてみた

20代から移住を試せる

リゾートバイトという、全国の観光地にて期間限定で住込みで仕事ができる&しかも生活費がかからずにお金を稼げるサービスがあります。

これを知ったのは私も最近で、もっと早いうちから知っていれば貴重な学生時代を充実させられたのでは?と思ったので、色々調べてみました。

 

地方へ移住するとまず気になるのが仕事の問題ですが、地方や田舎への移住って、地域おこし協力隊を活用するか、もしくは地域で事業を起こすといった、結構「ガチ」で地域に根づく覚悟がないと実現できない…といった側面があるんですよね。

なので、

  • 今住んでるところから期間限定で離れて暮らしたい
  • 短期間でお試しで移住をトライしたい

上記のような、とりあえず地方を知りたい、移住を試してみたいって人にとって、移住はハードルが高いと思っていました。

そんな中で出会ったのが、短期間にお試しで地方へ移住できる、いわゆる「プチ移住」できるリゾートバイト求人を取り扱うはたらくどっとこむというサービスです。

以下に当てはまる人に向けのサービスだと思うので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

  • 今いる地元が嫌で仕方ないけど見知らぬ地方への移住がコワい…
  • 地元を離れて暮らしていけるのか自信がないから、とりあえず移住をお試ししてみたい。
  • 地域おこし協力隊程のやる気・モチベーションはないけど、移住には興味がある。
  • 学生だけど将来的に稼ぎたいので、期間限定で稼げる仕事をしたい。

\2ヶ月のお試し移住OK/
アルバイトの検索なら【はたらくどっとこむ】

そもそもリゾートバイトってどんなもの?

リゾートバイトとは、全国のホテルや旅館といった宿泊施設や、スキー場、ゴルフ場、その他レジャー施設等で、現地に期間限定で住込みで働くことができるアルバイトです。

移住地域によって募集している仕事・求人内容も変わり、また季節によってはスキーや温泉等、勤務先の観光地を体験できるのも大きな魅力でしょう。

ずっと地元から離れられない人、離れたことがない人にとっては、居住地も人間関係もガラッと変わり、良い気分転換・社会勉強になりそうですね。

リゾートバイトではどんな仕事をするの?

飲食業を始めとしたサービス業が中心

就業先は、主にホテル等の宿泊施設やスキー場・キャンプ場等です。そのため、代表的な業種は、次のものが挙げられます。

  • 飲食業(レストラン・皿洗い・調理師含む)
  • 仲居(着物関係)
  • 清掃業
  • 事務・電話対応等

いわゆるサービス業がメインになりますが、外国人観光客が多いところ等では語学を活かせるなど、地域ごとに特色があります。

また、はたらくどっとこむの応募者のうち、9割が未経験者とのことなので、仕事に就くハードルは高くないのも特徴です。

移住できる場所はどんなところ?

北海道から沖縄まで、日本全国が対象エリアです。

はたらくどっとこむでは、リゾートバイト求人を約1500件以上取り揃えており、20代~30代の方を中心に、中には40代〜50代以上の方まで、幅広い方が実際にサービス利用して、現地で働いています。

気になるエリアのみ調べるのでもOKなので、覗いてみてはいかがでしょうか。

  1. 北海道プチ移住求人サイト
  2. 東北プチ移住求人サイト
  3. 関東・甲信越プチ移住求人サイト
  4. 東海・中部・北陸プチ移住求人サイト
  5. 関西プチ移住求人サイト
  6. 中国・四国プチ移住求人サイト
  7. 九州プチ移住求人サイト
  8. 沖縄プチ移住求人サイト 

生活できるくらいお金も稼げるの?将来はどうなるの?

リゾートバイトの仕事って、実際どうなのでしょうか。

生活コストがかからないからお金が貯まりやすい

リゾートバイトの基本的な時給金額は決して高いわけではありません。

しかし、寮費・光熱費・食費といった生活面で必要となるコストが不要なのが大きな特徴で、貯金目当ての人にも優しい良いサービスですね。

正直、都会で一人暮らしする社会人よりも金銭的に余裕のある生活ができそうですね…!

しかも現地までの交通費も支給されるので、金銭面でのリスクは限りなく少ないと言えそうです。

飲食・接待等のサービス業がメインので仕事は結構大変

しかし一方で、飲食関係やホテル・旅館といった接待系の仕事が中心のため、実際には結構なハードワークになる傾向があります。

しかも繁忙期などでは残業等も発生するので、仕事後は結構クタクタになってしまうでしょう。その分、残業代がもらえてお金を稼げるという側面もありますが。

人と接する仕事に強い人であれば、楽しくガッツリ稼げるお仕事といえそうです。

終わった後のサポート体制も充実している

はたらくどっとこむでは、お試し移住をした人のうち、28.4%が実際にその土地に移住・定住を果たしているという実績もあります。

また、お試し移住が終わった後も、別のリゾートバイトへ行きたい、東京暮らしをしたい、専門学校に通いたいという要望に応えられるサポート体制が整っているので、正直なんでもチャレンジできる状態ですね。

プチ移住をキッカケに新しい経験がどんどん蓄積されて、世界に旅立つ人が出てきてもおかしくないです。

もちろん、移住が合わなかったら元の居住地に戻って次のことを考えればOKでしょうし。

リゾートバイトで「2カ月だけお試しで移住」が経験できる

はたらくどっとこむが良いなと思ったのは、実際に移住を希望する人のうち、

  • 移住に伴うリスクを考慮するとどうしても動けない
  • 移住の情報は集めたけど結局はやってみないと分からない
  • 移住したとしてもその後の生活が安定するイメージが湧かない

上記のような悩み・問題を、「お試し」サービス化することによって解決したいという思いがあるからなんですよね。

国全体で地方移住とか地方創生をプッシュする動きがありますが、実際の移住って結構リスク伴うんですよ。

 

仕事はもちろん、これまで築き上げてきたものをリセットに近い状態にして、(むしろ早くリセットしたい!という人も多そうですが…)しかも移動&居住にかかる出費だって必要です。

更には、移住後も仕事面だけでなく周囲の人間関係に溶け込む等の努力が必要です。それどころか、移住した個人の努力ではどうにもならないこともザラにありますし

私の知人で地域おこし協力隊を経験した子でも、実際に地域に入ったら田舎の人間関係にカルチャーショック受けたって話も聞きましたし、地方移住ってもてはやされてますけど、必ずしも良い面ばかりじゃないのが現実です。

実際に移住した先で、元々住んでいた人たちによる排他的なコミュニティができていて、結局関係を築けずに断念した人のケースもあとを絶たないですし。

地元が嫌いで離れたいなあなたへ。抜け出す方法、教えます。若者が地方(特に生まれ育った地元)からどんどん離れていくという問題。 前から思っていたのですが、若者が地方に根付かないのは利便性の...

なので、実際に移住を期間限定で試せることで、既に言語化された情報ではなく、自分の目や耳、肌で感じた「経験」として、移住とは何かを理解することが、本格的な移住を決断する上で重要なんですよ。

それによって、移住に失敗する人が少しでも減れば、地方にとっても本人にとっても不幸な未来は防げるはずです。

プチ移住をひとまず試すには?

はたらくどっとこむ公式サイトへの登録から始めます。

公式サイトから、実際にサービスに登録でOK。登録は無料で、しかも数分かからず完了できます。

今すぐ働きたいわけでもない人や、どんな案件があるかを調べてみたい人でも、登録することで情報収集できるので、まずは一旦登録してみると良いんじゃないでしょうか。

最後に:移住は決して楽ではないが得られるものは大きい

はたらくどっとこむを活用すれば、中々移住に踏み切れなかった人でも、お試し移住を実現できるでしょう。

今住んでるところから離れて生活したい、地元を離れて生計を立てたいけど、移住って自分でもできるのか不安、できれば一度試してみたいという人にとっては、お試し移住サービスはありなんじゃないかな、と。

実際、住む場所が変われば、人間関係も仕事も変わって、これまで知らなかった未知なる自分と出会うことができるんですよ。

いってしまえば移住は、ドラクエやポケモンのように、まだ見ぬ世界へ冒険するロマンがあるんですよね。人によっては、本当に人生が劇的に変わるぐらいのインパクトすらあります。

 

もちろん決して楽なものなんかじゃなくて、それどころか仕事は大変だったりとか、思いの外寂しいとか、辛いことやリスクも伴います。

ただ、「お試し」という形で、ある種の「失敗」ができれば、それは自分自身にとって貴重な経験として、将来設計する上での参考となり、未来の自分を救えることだってあるはずです。

 

ぜひ、移住したいけど踏み出せない…という人にこそ、まずは移住サービスのプロに相談してみてはいかがでしょうか。

 

\2ヶ月間からお試し移住OK/
はたらくどっとこむ

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
最新情報や登録者限定コンテンツをお届け!
  1. Webやマーケティング、プログラミングの役立ちそうな情報
  2. アフィリエイトや副業、みんなが気になる(?)コンテンツ
  3. ブログには恐れ多くて書けないクローズド限定の裏話

上記のようなコンテンツをお届けするLINE@を作りました。

クローズド向けの情報を、LINE@に登録してくれた方限定でお届けしています!

▼HaraKitのLINE@に無料で登録してみる