副業&フリーランス

「つみたてNISA(積立NISA)」を活用すべきターゲットと注意点

HaraKitです。

2018年は、特に金融に関する知識や情報を積極的に追いかけていきたいと考えています。

そんな中、2018年から「つみたてNISA(積立NISA)」制度が始まりましたね。

年間投資限度が最大400,000円と、多くても月33,333円までしか投資できない積立投資制度で、若い人や金銭に余裕がない人でも始められます。

この言葉を聞いたことがある人、一体どれくらいいるでしょうか。

  • NISA制度は知ってるけどつみたてNISAとの違いはよく知らない人
  • つみたてNISAのメリットだけでなくデメリットも知りたい人
  • とにかくつみたてNISAを始めたい人

上記のような人向けに、本記事にまとめてみました。

現行NISA制度との違い

まず2013年に始まった、これまでのNISA制度との違いを以下の表にまとめました。

つみたてNISANISA
年間の積立上限額 400,000円1,200,000円
運用益 課税対象課税対象
 非課税期間 20年 5年
 途中売却 途中換金は可能。
しかし非課税枠の再利用は不可能。
 同左
 対象商品 国が定めた基準を満たした投資信託のみ 上場株式、投資信託、ETF等多数商品が対象
 ロールオーバーの可否 不可能 可能(つまり最大で10年非課税になる)
損益通算 不可能 不可能

ざっと分けると上記のとおりになります。

特にNISAとつみたてNISAの大きな違いは、

  1. 年間の積立上限額
  2. 非課税機関
  3. 対象商品

といったところになるでしょう。

つみたてNISAをやるべき人は誰か?

少額からでも積立ができるため、比較的自由に動かせるお金が少ない人や、長期で資産運用を考える20代の若い人におすすめできる制度なのではと思います。

特に若いうちは、会社員として就業しても給与の金額は多くなく、資産運用する元手がそもそも少ないなんてことが多いので、つみたてNISA制度って結構助かるんじゃないですかね。

NISAの場合年間の上限額が120万円ですが、この上限まで入金できる20代はそうそういないでしょうし。

つみたてNISAの盲点

あまり語られていないと思った箇所や、人によってはデメリットになりうるところ。

つみたてNISAそのものは、金融庁がゴリ押し積極的に奨める商品ということもあり、かなり厳格な基準を通過した商品しかピックアップされません。

しかしそれでも、政府が奨めるものの裏には何か闇があるんじゃないか、そう疑ってしまうのが人情だと思います。

実際に、つみたてNISAのデメリットであったり、あまり語られていないところを調べてみました。

1.現行のNISAと併用は不可能

NISA口座は1人につき1つまでしか開設できません。

さらに、NISA口座とつみたてNISA口座は、どちらか片方しか使えません。

なので、NISA口座で取引きを始める場合は、NISAを利用するのか、つみたてNISAを利用するのか、各自事前に決めておかないといけません。

2.リスク(元本割れ)が発生する可能性はゼロではない

つみたてNISA対象商品は、厳選された180種の投資信託等。

しかし、それでも金融商品なので、『元本割れ』(投資した金額を下回ること)が起こるリスクは伴います。

常に右肩上がりで利益が増えるわけではないことをしっかりと把握しておきましょう。

これはどの金融商品にも言えることですけどね。

3.非課税枠は1度しか使えない

つみたてNISAの一番の特徴は、「途中換金における利益が非課税」であること。

しかし、年間40万のうち10万円分の投資信託を既に購入しており、その分を解約したとしても、非課税枠として残るのは、40万から差し引いた30万の部分のみです。

つまり、非課税枠は復活しないということになります。

また、今年40万のうち30万分を積み立てたとしても、次の年に余った10万円の枠を使おうと思っても、使用することができません。

なので、40万円の枠をギリギリまで使う方がよいということになります。

4.金融商品販売会社が経営難に陥る可能性がある

つみたてNISAで使用されている商品は、基本的に運用手数料が低いため、つまり商品を展開している信託会社側の儲けになりにくい側面もあるようです。

もちろん起こりにくいとは思いますが、投資信託の販売元会社が経営危機等に陥ってしまうことで、資産運用に支障が出てしまう可能性もあるかもしれません。

参考:「つみたてNISA」が盛り上がらない根本理由 | 投資 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

つみたてNISAを始めるには?

つみたてNISAを始めるには、まず証券用口座の開設が必要です。

NISA口座を開設する場合、各個人のマイナンバーの他、2013年1月1日時点における居住地区の住民票が必要になります。

しかしネット証券であれば、証券用口座の開設と同時にNISA口座も申込みできるので、住民票取り寄せの手間が省けるのでオススメですが、金融庁のチェック等手続きが入るため、NISA口座開設までには1〜2ヶ月くらい時間がかかると思われます。

なので口座開設の申込みをするならお早めに。

ちなみに私は、楽天証券で講座開設してはじめました。

また、以前紹介したセゾン投信でもつみたてNISAは利用することが可能ですが、多様な投信を選べる楽天証券の方がオススメかなと思います。

投資初心者ならセゾン投信。月5,000円から積立ができる投資信託。毎月のお給料が少なく、どうにかして将来のお金を増やせないかな〜と思った時、『投資』という答えにたどり着きました。 とはいっ...

まとめ:20年という歳月は気が遠くなりそうだけど

20年という期間は正直なところ気が遠くなるような長さですが、長期運用をしてみます。

購入する金融商品にもよると思うのですが、NISA口座は活用できれば中〜長期的な資産形成に一役買ってくれるので、いろいろと乏しい20代なら活用しない手はないかな、と思います。

ひとまず、2018年は年間の限度額である40万円はギリギリまで積立したいですね!

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
Webマーケティングで今よりも更に成長したい人へ
ビジネスマン
  1. Webマーケターとして活躍したい!
  2. Webマーケティングを用いて更にキャリアアップしたい!
  3. 未経験だけどWebマーケティングに挑戦したい?

 

Webマーケターに興味を持ち、更に実務を積んで今よりもさらに上流の仕事につきたいと考えるなら、転職の専門家であるエージェントを活用していましょう。

特に、転職経験が少ない人や、転職初心者であれば、転職支援サービスを使うことで、企業が転職希望者に求めていることが分かります。

人生における重大な決断である転職を失敗させないために、良質なエージェントを活用して、キャリアップに挑戦してみませんか?

Webマーケティング転職におすすめの転職エージェント