Webマーケター入門

Webマーケターにプログラミングは必要?学ぶならどの言語?

Webマーケターでもプログラミングが書けないとダメなの?という質問をいただくことがあります。

確かに、AIやブロックチェーンといった最新技術もどんどん普及してますし、それに伴いプログラミングスキルの需要も伸びていってますので、まぁそうした質問が出てくるのは自然な流れでしょう。

 

結論を言うと、Webマーケターにとってプログラミングスキルは、

なくてもいいけど、あるに越したことはない

というのが個人的な感想です(2019年時点)。

できなくてもいいけど、あることによってWebマーケターとしての付加価値は確実に高まります。

初心者であったり経験が浅い内は、プログラミングよりもまず先に広告やソーシャルメディア、行動心理学や広告主のビジネスモデルといった、マーケティングに必要な基礎知識をしっかり身につけることが先決です。

 

というわけで、

  • Webマーケターにプログラミングスキルはどうしても必要?
  • Webマーケターがプログラミングできると得をすることって?
  • Webマーケターがプログラミングを学ぶとしたらどの言語を選ぶべき?

こんな悩み・疑問を持つ人向けに書いてみました。

Webマーケターへの理解がまだ深くない方や、これから未経験でWebマーケティング転職を考えている人にとってわかりやすくまとめてみたので、是非読んでみてくださいね。

前提:Webマーケターの本業はマーケティングの仕事

まず大前提として、Webマーケターの本業は「マーケティング」です(当たり前の話ですけど…)。

なので、最優先すべきはWebを含めたマーケティングへの理解を深めることに他なりません。

Web広告やSNS・アクセス解析への理解を深めよう

Webマーケターの仕事は、インターネット上で商品販売のための広告を運用したり、Webサイト訪問者の情報を分析したりと、クライアント企業のWeb上におけるマーケティング活動を支援することです。

クライアントに利益をもたらすために、Web広告のほか、検索エンジンやfacebook等のSNSへの知識が必要になります。

そして、数あるマーケティング施策のうち、クライアントのビジネスにおいてもっとも解決するために最適なものを選んで注力することが求められる仕事です。

Webマーケティングにおける専門用語を覚えよう

Webマーケティングでは専門用語が頻繁に出てきます。

「CTR」「コンバージョン」や「CPA」といった単語は何を指し示すのか、そしてそうした数値はどのようにして求められるかまで、しっかりと覚えましょう。

初心者が最初に覚えるべきWebマーケティング専門用語・単語10選【広告運用編】 未経験だけどWebマーケティングを勉強したい! けど、何から始めたらいいかわからない! Webマーケターの会話に...

Excelでの集計作業をきちんとこなせるようになろう

Web上におけるマーケティング活動の大きな特徴は、「数字で結果が明確に出る」ことです。

そしてそうした数値を算出する際に、Excelを使った集計作業がほぼ毎日発生します。

なので、Webマーケターとしてはまずデータ処理を一人でしっかりできるよう、ショートカットキーを覚えたり、Excel関数を使いこなしたりといった努力は日々積み重ねることが大事です。

Webサービスを使って勉強するのもOK

日々の仕事を通じて基礎知識は身につきますが、勉強熱心な方はご自身でも勉強してもOK。

経験が浅い内は、まずGoogle公認のデジタルワークショップでWebマーケティングの知識を学びつつ、実務と並行してGAIQやGoogle広告(Academy for Ads)の資格取得に挑戦すれば、なんとなくわかるレベルは十分超えられるかなと。

Webマーケ初心者おすすめ!デジタルワークショップ認定証を取得しようGoogle公認の資格である「デジタルワークショップ」を受講し、その認定証を取得しました。 一通りやってみた感想としては、 ...

より細かく、Webマーケティングの各論を抑えるなら、ジッセン! オンラインという動画サービス等で、普段の業務に加え、専門外の知識も吸収できます。

Webマーケターがプログラミングできると得する3つのこと

Webマーケターはまず広告やSNSへの理解が重要ですが、それらをマスターしたら、プログラミングを覚え始めても良いでしょう。

私も一通りの知識を身に着けたあとに、プログラミングを学び始めました(まだまだ使いこなせてはいませんが)。

 

では、実際にWebマーケターがプログラミングを使いこなせると、どういうメリットがあるのか、関連する言語と具体的な仕事内容と紐づけて言及してみたいと思います。

1.仕事の効率化を図れる(VBA、Google Apps Script)

Webマーケターは日々、広告の管理等でエクセルやスプレッドシートをこれでもかと触り、データをまとめてレポーティングを行います。つまり、毎回同じ動作をするルーティンワークが含まれるんですね。

そんな時に役立つのが、プログラミングや関数です。

具体的な言語の例でいうと、Excelで動作するVBAや、GoogleスプレッドシートだとGoogleAppsScriptが挙げられます。

こうした言語では何ができるかというと、特定の指示文を書いておくことで、手動だと面倒な作業を数秒前で片付けたり、時間指定して週報等の連絡を送れたりできます。

 

得られたデータを読み取り、そこから思考して仮説を立てるのがWebマーケターの本来のお仕事です。

なので、プログラミングや関数を身につけることで、手作業に掛かる時間を減らして、マーケティング施策を考えることに多くの時間を使えるようになりますね。

2.エンジニアと会話がしやすくなる

プログラミングへの理解がある程度あると、社内のエンジニアさんと会話が弾むようになります。

私が普段の職場を見た限りですと、プログラミングを理解しているマーケターと会話しているときのエンジニアはとても楽しそうに見えます(笑)。

業務の話がスムーズになるだけでなく、良好な人間関係を構築する上でもプログラミングは役に立ちますね!

 

また、マーケターに限らずクライアント先で折衝する役割を担っている人であれば、プログラミングの知識や経験があることで、クライアントからの無茶な要望をその場で断ることもできます。

これでいちいち質問を持ち帰ってはエンジニアに聞く、といった無駄な労力が一気にカットできるので、定時で帰りやすくなるかもしれません。

3.高度な分析ができる(JavaScript、SQL、Python)

Webマーケターがプログラミングを学ぶべき、と主張している人たちの最も多い理由は、おそらくこれでしょう。

プログラミングスキルがあれば、Webマーケティングにおいて更に踏み込んだデータ分析が可能になります。

具体的な言語でいうと、JavaScriptSQLPythonが候補に上がるでしょうか。

 

例えば、JavaScriptという言語が使えるもしくは解読できれば、Googleアナリティクスにてイベントトラッキングが可能になります(イベントトラッキングとは、Webサイト上のユーザーの特定行動を計測することです)。

また、JavaScriptはインターネットブラウザ上の動作を指示できる言語のため、HTML/CSSと組み合わせることで、動作のあるWebサイト制作をする際にも役立ちます。

 

一方で、Pythonという言語を覚えれば、スクレイピングという技術を用いてWebサイトから情報を抽出することができます。

他にもより専門的なことができるようになりますが、こればかりは話すとキリがないので、別の記事にまとめて紹介したいですね。

補足:プログラミングは知識・教養として持つだけでも全然違う

プログラミングは価値あるスキルですが、駆け出しのWebマーケターの場合は、まず広告やマーケティング、SNSや検索エンジンへの知識を身に付け理解を深めることが先決です。

そこから本気でキャリアアップを狙うなら、基礎知識を踏まえた上でデータ解析ができる言語を身につけていくと、更にキャリアが広がっていくのではないでしょうか。

Webマーケターが学ぶべき言語はJavaScript

ちなみに、個人的にはWebマーケターが学ぶべき言語はJavaScriptだと考えています。

先程触れたGoogleタグマネージャを使った解析で重宝する他、GoogleAppScriptと実は文の構造や文法がほぼ同じなので、スプレッドシートを用いた手作業の自動化にも役立ちます。

それにブラウザのフロント面の動作にも関わっているため、HTML/CSSと組み合わせればWeb上で動作に関する知識も身につきます。

つまり、JavaScriptはデータ解析、作業の自動化、Webサイト制作のディレクションにも役立つ言語です。正直、汎用性広すぎです。

 

Pythonなどはデータ解析で重宝しますが、データサイエンティスト等より専門性の高い職種でない限り、特に仕事で求められることは然程ありません。なので、実務が浅いうちはひとまず置いておいて問題ないでしょう。

 

異論は認めます。

まとめ

もう一度要点をまとめると、次のとおりになります。

  • Webマーケターはまずマーケティングへの理解を深める事
  • しかしプログラミングができれば仕事の幅が広がること
  • 手始めにはJavaScript(HTML/CSSもセット)の学習がオススメ!

プログラミング学習はマストではないとはいえ、できるようになれば確実に仕事が楽しくなるはず。

今ならProgateドットインストールといったWebサービスの他、テックキャンプテックアカデミーといったプログラミングスクールなど、個人がプログラミングを学ぶ環境は十分すぎるほど整っています。

どういったサービスを使うべきかは人によって異なるため、お試しで使ってみたり、無料相談会に参加するなどして、自分にあってるかどうか調べてみる事が大事ですね。

TECH::CAMP(テックキャンプ)梅田校の無料体験会へ参加した感想先日、プログラミングスクールのTECH:CAMP(テックキャンプ)が主催するプログラミング無料体験会&説明会@大阪梅田に参加してきました...
TechAcademy(テックアカデミー)無料体験を受けてみた感想自分で利用するためのプログラミングスクールを比較検討記事です。 今回は完全オンラインで授業を展開するTechAcademy [テッ...

最後に

マーケティングの知識と実践を積んだ上で、更にプログラミングスキルを身につけることでキャリアを広げて、人生を豊かにしていきしょう♪

ABOUT ME
HaraKit
大阪在住のWebマーケター。20代後半からWeb業界入りし、IT・マーケティングを身につければ、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々情報発信中です。
最新情報や登録者限定コンテンツをお届け!
  1. Webやマーケティング、プログラミングの役立ちそうな情報
  2. アフィリエイトや副業、みんなが気になる(?)コンテンツ
  3. ブログには恐れ多くて書けないクローズド限定の裏話

上記のようなコンテンツをお届けするLINE@を作りました。

クローズド向けの情報を、LINE@に登録してくれた方限定でお届けしています!

▼HaraKitのLINE@に無料で登録してみる