Webマーケターの転職

30代未経験からWebマーケティング転職はできるか?

30代未経験でもWebマーケティング転職はできるのか?
30歳超えたけど未経験からWebマーケターに転職したいなぁ
今エンジニアとして働いてるけど、Webマーケターにキャリアチェンジってできないかなぁ

主にこうした人向けの内容です。

結論から言うと、30代から未経験でWebマーケティングへの転職は可能です。しかし、30代以上での未経験分野へのキャリアチェンジには慎重になった方が良いです。その理由は、いくつかあります。

それに、Webマーケティングの場合、ある程度は個人の力で学んだり実力をつけることもでき、上手く行けば今の会社を辞めずに副業をはじめて収入を得られるからです。

その理由について、この記事で説明していきたいと思います。

Webマーケターへ転職を希望する理由は何か、まずはそれをしっかり落とし込むことが重要だと思います。

結論:30代から未経験Webマーケティング転職は可能。しかし…

Yes But

まず「30代から未経験でもWebマーケティング転職はできるか?」という問いに対する答えは、「Yes」です。それぐらい、Web、デジタルマーケティングを担う人材は不足しているからです。

ですが、20代で未経験分野に挑戦する人と比較すると、企業的には若い人の方を優遇します。掲載求人においても、20代はOKでも30代は…という会社はちらほら増えてきます。そのため、難易度は上がると考えてください。

未経験からIT/Web業界転職を目指す人にとっては心強い転職エージェントであるワークポートであっても、30代以上になるとやはり求人数は一気に減ってしまうようですね。。

更に、コロナウィルスにより国内の景気が低下すると、ますます未経験分野への転職ハードルは上がってしまうため、その点は注意しなければならないでしょう。

30代から未経験でもWebマーケティング転職は可能。しかし、

  1. 30代で未経験OKのポジションはそもそも求人数が少ない。
  2. 20代と比較すると明らかに不利。企業は若い人材を好むため。
  3. 国内の景気が悪化することで未経験者の採用ハードルは一気に上がる。

未経験転職がもたらす3つのデメリット

IT/Web業界における未経験転職3つのデメリット

このブログでは、未経験からIT/Web業界転職(特にマーケターやエンジニア転職)を志す人に向けた情報を発信しておりますが、未経験からのIT/Web業界転職は、何もデメリットが何もないわけではありません。

未経験転職におけるデメリットについて、簡単に説明します。

その1.年収が下がる

年収が下がる例:(すでに所帯持ちだと相当きつい)

まず原則として、前職よりも年収が下がるケースが大半です。特に、大卒で新卒から正社員として働いてきた場合、20代でも年収で300〜500程度は貰う人は多いと思いますが、未経験からのスタートだともっと低い場合が多いです。

ボリュームゾーンは250万〜300万ぐらいで、未経験で300万を超えていたらむしろ良い方です。

これはWebマーケターでも同じで、大半の会社であれば200万円台スタートは覚悟した方が良いでしょう。もちろん、業界の中でも「良い」会社に入ることができれば、300〜400万くらいは未経験でももらえるかもしれません。

 

いずれにせよ、未経験からの転職でいきなり年収は高望みはしない方が良いのは間違いありません。30代で未経験からWebマーケターを目指す人も、年収200万円代で数年耐えられる覚悟はあるかどうか、一度考えてみる必要はあります

それでも未経験からのIT/Web業界転職というのは、ジョブ型雇用への対応、テレワークにも対応、会社に依存せずキャリアを自分で考えられるといったメリットがあるのも確かですけどね。

その2.今まで積み重ねたキャリアが白紙に戻るリスクあり

積み重ねたものがゼロに戻って一からやり直し

これは現在、エンジニアや営業で働いてる人などが該当しますが、前職の内容とWebマーケティングとの間で何かしらのリンクがないと、全くの新人、ゼロからのスタートと雇用主からみなされるケースがあります。

やっていた仕事内容が変わるのですから、まぁ当然ですよね。これが同じ会社の中でかつあなたが正社員であれば、勤続年数を考慮されて年収が下がる可能性は限りなく低いでしょう。

そうなると、デメリット1で言及したように、年収も下がったり、社会人経験があっても下っ端扱いになるのは避けられません。

もしも前職でマネージャー経験があるとか、チームを率いてプロジェクトを担い成功したというような経験があれば話は変わりますが、そうでなければ今まで必死で積み上げてきたジェンガが音を立てて崩れるがごとく、キャリアがリセットされることは心得ておいてください

その3.年下の部下に頭を下げる機会が増える

年下の上司が上につく。合言葉は「Sir, Yes sir!」

そして3つ目は、新しく入った職場で、自分よりも年下で役職がずっと上の人に、頭を下げる機会が増えます。

これは学生時代に年功序列の体育会系で育ってきた人にとっては、しんどいと感じる人は多いかもしれません(私も体育会系出身ですが、少し慣れが必要でした)。もちろん平気な人は平気だと思いますので、これは人による部分が大きいでしょう。

とはいえ、ある程度社会人経験をしていると、歳を重ねたことによって生まれるプライドは誰もが少なからず持ち始めるものです。

どんなに「俺は年下が部下でもかまわない!」と言ってる人でも、多分いざというときは癪に障って不快に感じる経験をするでしょうし、むしろ「俺は平気」という人に限って年下からの指摘を受け入れられない人が多いんじゃないでしょうかね

未経験転職がもたらす3つのデメリット

  1. 基本的に年収は下がる。
  2. 今まで積み重ねたキャリアが白紙に戻る可能性がある。
  3. 年下の部下に頭を下げる機会が増える(体育会系出身者にはキツいかも)。

30代以上で未経験からWebマーケティングを始めるならば

30代以上の未経験者がWebマーケターを目指すなら

30代から未経験でのWebマーケティング転職は、働き方を変える意味では大きな変化をもたらしますが、デメリットもあることは分かってくださったかと思います。

しかしそれでも、30代からWebマーケティングの仕事に挑戦したい、Webマーケティングの職種に転職したいという人、健全な覚悟を持っている人もいるはず。

一体どうするのが良いのか、いくつか案を考えてみました。

その1.今の会社で部署異動を相談する

まずは社内異動など今の環境でできないか調べてみましょう

まず1つ目が、今勤めてる会社の中で、部署異動ができないかどうかを検討してみてください。

もちろん勤めてる会社がデジタルマーケティングと無縁であるならば、転職という選択肢も生まれるかもしれませんが、最初から転職しか考えないのは不要なリスクを増やします。

今の職場で「Web集客に携わる部門に移りたい」といった形で異動の希望が出せないか、まずは調べてみることが大事だと思います。

その2.副業でWebマーケティングに挑戦する

個人でいきなり副業もありですが、時間・労力・お金のいずれも相当消費します。

次に考えるべきは、副業です。

これは会社勤め以外のプライベートの時間を使うことになりますが、本気でWebマーケティングに取り組みたいと考えるならば、覚悟は必要です。

個人ができるとしたら、WordPressでブログをはじめてSEO主軸のアフィリエイトをするなどがありますが、実はWeb広告を用いたPPCアフィリエイトというものもあります。

ただ、SEOにしろWeb広告にしろ、副業で売上を出すには時間と労力、そして自己投資するためのお金は必須です。つまり、副業と言っても実質的には「起業」と考えた方が良いです。

なので、決して簡単ではないこと、そしてやるからには多かれ少なかれリスクが発生すること、このことを念頭に入れておかなければ、おそらく後悔することになります。

ただ、未経験からWebマーケティングの副業に取組むにしても、受講後に副業案件を紹介してくれるスクールやサービスもあるので、情報自体はしっかり集めておいて損はないといえます。

【未経験からWebマーケティングを学び将来副業にも挑戦できるスクール例】

  1. デジプロ:年齢不問。独立支援実績のある実践型Web広告運用スクール。
  2. Wannabe Academy:3ヶ月のカリキュラム受講後、副業・フリーランス案件の紹介がある。

その3.Webマーケティング転職に力を入れたスクールを使う

未経験者向け転職支援スクールは堅実ですが内容は超ハードです。

そして3つ目は、Webマーケティングスクールを活用することです。

プログラミングスクールをきっかけに、Webマーケター向けの「マーケティングが学べて転職も狙えるスクール」が段々と数を増やしてきました。そのため、以前よりは未経験からの転職はやりやすくなっているといえます。

スクールが提携していたり、スクール運営している会社が取引したりしている企業への転職が狙えたりと、お金は掛かる一方で未経験から転職するには一番環境が整っていると考えられるでしょう

エンジニア転職では20代限定のスクールが多いですが、Webマーケティングの場合、30代以降でもOKなスクールがちらほらあるので、以下に代表例を紹介しますね。

【30代以上でもWebマーケティング転職が狙えるスクールの例】

  1. DMM MARKETING CAMP:転職保証は効かないが30代でも転職は可能。
  2. Wannabe Academy:35歳まで受講OK。費用¥180,000で転職が狙える(ただし期間限定)。
  3. ビズデジ:Webマーケを超えてITに強いビジネスパーソンを目指す人向け。

いずれも、本申込み前に無料相談会や無料説明会等を行っているため、そこでしっかりと話を聞いてみるのが良いでしょう。

Webマーケティングが学べるスクールをもっと知りたい方はこちらへ↓

Webマーケティングを学べるオンラインスクール5選
【未経験OK】Webマーケティングを学べるオンラインスクール5選 Webマーケティングを学びたい、あわよくばWebマーケターに転職したいという人向けの内容です。 今やエンジニアだけ...

最後に:30代未経験の転職は不可能ではないが覚悟はしよう

大変だけど諦めないで。でも覚悟はしてね。

以上、30代から未経験でもWebマーケティング転職はできるのか?に対する回答になります。いかがでしたでしょうか。

Webマーケティングのスキル自体は、いわゆる「ポータブルスキル」と呼ばれるもので、違う会社に行っても通用するスキルであり、会社に属さなくてもある程度身につけることが可能なものです。

そのため、「転職」という手段を使わなくても、Webマーケティングそれ自体には携われることを、一度知って欲しいという思いから書きました。

 

もちろん会社員として働かなければできない経験というものは確かに存在しますが、今歩んでいるキャリアやプライベート、時間、お金を犠牲にしてでも手に入れたいものなのかどうかは、一度しっかり考えなければおそらく後悔することになります。

そのため、30代から未経験でWebマーケターに転職を考える際、「なぜ今になってWebマーケターに転職したいのか」「Webマーケターに転職して自分は何を手に入れたいのか」を、しっかりと考えることが必要なのではないでしょうか。

もちろんその上で、Webマーケター転職を選択するのは「あり」だと思います!
ABOUT ME
ハラキット
大阪→東京。20代後半からWeb業界入りしたのWebマーケター。ITとマーケティングがあれば、たとえ遅咲きでも人生・キャリアをやり直せることを証明すべく、日々活動中です。本業は運用型広告が専門。
Webマーケティングで今よりも更に成長したい人へ
ビジネスマン
  1. Webマーケターとして活躍したい!
  2. Webマーケティングを用いて更にキャリアアップしたい!
  3. 未経験だけどWebマーケティングに挑戦したい?

 

Webマーケターに興味を持ち、更に実務を積んで今よりもさらに上流の仕事につきたいと考えるなら、転職の専門家であるエージェントを活用していましょう。

特に、転職経験が少ない人や、転職初心者であれば、転職支援サービスを使うことで、企業が転職希望者に求めていることが分かります。

人生における重大な決断である転職を失敗させないために、良質なエージェントを活用して、キャリアップに挑戦してみませんか?

Webマーケティング転職におすすめの転職エージェント