プロフィール

はじめまして。

当ブログを運営しているHaraKit(ハラキット)と申します。

何してる人?何ができる人?

職業:Webマーケター/Web広告運用・改善提案がメイン

大阪市内在住で広告・マーケティング関係の仕事に従事して、現在に至ります。

Web業界に勤める会社員で、会社の実務とこれまでの社会人経験を通じて、主に以下の様なスキル・実務経験があります。

これまでの実務経験・スキル

  • Google&Yahooのリスティング広告、ディスプレイ広告の立上げ〜運用まで
  • Web制作ディレクション
  • SEOライティング
  • SNSメディアの運用
  • Google Analyticsを使用したアクセス解析(GAIQ保有)
  • 簡単なHTML/CSSコーディング
  • Photoshop等を用いてのバナー広告制作
  • 簡易なプログラミング(言語はVBA、GoogleAppsScript等)

 

主に企業のWebマーケティングやプロモーション業務を中心に担当してきました。

リスティング広告では、月額合計で500万〜4,000万円規模のアカウントを運用した経験がございます。実際の成績としては次のようなものがございます。

 

  1. とある地方銀行様のカードローン案件にて、前任の代理店実績で顧客獲得単価が30,000円の商材を、20,000〜15,000円代まで改善しました。
  2. とある旅行会社様案件にて、目標達成獲得単価が1,000円のキャンペーンについて、CPA5,000円→900円まで改善しました。

 

経験年数は約3年程とそこまで長くはありませんが、主に顧客獲得単価改善を目的としたリスティング広告の運用を得意としています。

 

またプライベートでは、このブログを始め複数のサイト立上げ〜運用もしており、そこからコンテンツSEO等をリアルタイムで実践しております。

他にも、今後需要が伸びると予想される動画広告需要に備えて、AdobeのPremiere ProAfter Effects等の動画編集・制作スキルの開発も行っています。

理念

私個人で、自分自身の理念を掲げています。それがこちら↓

 

全ての人が理想の自分に生まれ変われる世界を創造する

 

この理念を軸に、日々活動をしています。

ブログ運営も、その一環として現在も続けています。

将来実現したいこと

人生において道を誤った人でも、そこからやり直して幸せを掴める人が増える社会でありたいと思ったことから、上記の理念をまとめました。

少年時代に感じていたこと

おそらく私は、世間一般からしてみると、いわゆる「厳しい」家に生まれたのだと思います。

習いごともあり、成績も良くないと父親に怒鳴られぶん殴られるような家庭であったため、つねに萎縮して、正直なところ自分の居場所・安心感を感じることができる環境ではなかったと思います(それでも教育に投資してくれたことには感謝していますが)。

頑張れば認められる環境でしたが、気づいたら親の顔を伺い自分の素直な感情を押し殺して、「我慢こそ正義」と信じて生きる人間になっていました。

しかし、中学時代にやってきたゴールデンレトリバーを通じて「ありのままの自分を受け入れられてもらえる」経験を、私は理解していました。おそらくこの出来事が、自分の将来を大きく変える分岐点だったと確信しています。

20代のときに社会に対して感じたこと

大学時代は東京で1人暮らしをしており、自分のことは自分で決められる環境を楽しんでいました。

大学生活は楽しかったですが、就職を目の前にした当時の私は次のような空気を感じて将来に希望が持てずにいました。

  • 新卒で正社員に入社できなければ一生貧困のまま
  • 就職したら朝8時に出勤して終電で帰るのが当たり前
  • 罵倒されても上司に絶対服従が当たり前(我慢こそ美徳)
  • 早期退職したらまともに雇ってくれる会社は存在しない(失敗は許されない)

…今でもその通りな部分はありますが、当時はあまりにも視野が狭かったですね。単純に社会を知らなかったことと、幼い頃から感じていた「無力感の強さ」が関係していたのだと思います。

ただ、当時はリーマンショックによる不景気もあり、就職が大変でした。なので、人並みの生活をするためにはある意味思考停止し、自分の価値観を押し殺して生き、組織に適合して生き残るしか無いと、ネガティブに拍車をかけていました。

世の中は結局、弱き者は強き者に媚びへつらうことでしか生きられず、そして自分は強さとは無縁な人間だったとという、無力感に浸った人生観をもっていました。

未経験転職に必要な「正しく」て「リアル」な情報が少ない

社会人になり、未経験からWebマーケティング業界を目指しましたが、苦難は続きました。しかしそうした苦難は、実際には十分に回避できたのではと今では思います。

例えば、次のようなものがあります。

  • 未経験からの業界転職に必要なアドバイスを受けられる場所がない
  • 自社の利益しか考えない悪質な人材派遣会社が散見される(実際に遭遇)
  • そもそもWeb業界なのに転職に後ろ向きな会社が存在する
  • 東京と地方(大阪)で様々な格差(動く金額や鮮度のある情報など)が存在する

政府も企業も実際にIT人材やマーケティングの力を求めながらも、一方で人材を安くこき使おうとする意図が見える会社もあり、これでは人手不足は変わらないのではと感じました。

また、業界に挑戦するハードルも初心者には高くみえ、このままでは挑戦する人は現れず、いたとしても不幸になるのでは…とも考えるようになりました。実際、私も不必要な失敗を重ねたために、転職回数が増える等の憂き目に遭いました…。

それでも人が生まれ変われる世の中でありたい

インターネットの技術が発展し、かつてよりも圧倒的に情報に触れることが容易になりました。そのため、やろうと思えば誰でも情報にアクセスできます。

しかし一方で、適切な情報に触れられないばかりに、世の中に対して歪んだ見方のまま生きていくことしかできない人がいます。

また、幼少期の経験やトラウマ、小さい頃から抑えつけられ我慢を強いられたことがきっかけで、「自分は何をやってもダメなんだ」「どうせ無理」と決めつけ自己否定に走り、本人が悪いわけではないのにどんどん悪い方向へと人生が転落してしまう人もいます。

自己肯定感がないばかりに、10代や20代、30代と身体が元気な時期を無力な状態で過ごすという、本人にとっても社会にとっても大きな損失が生まれ、これはすごくもったいないと思っています。

こういう人たちが、何とか「自分の人生を取り戻せて幸せに生きる仕組みはできないものか」と悩んだことから、現在の理念が誕生しました。

完全には無理であったとしても、少しでも自らの理念を実現できる方法はないか。そして、その問題解決には、マーケティングの力が役立てられそうな気がする。

そんな思いから、現在もマーケティングに関することを仕事にしています。

簡単な経歴

簡単ではありますが、私自身の生い立ち・経歴について紹介したいと思います。

誕生〜大学時代まで

静岡県磐田市にて、両親ともに教員の家庭に生まれました。生まれてすぐ静岡県の東部に引っ越した後、高校時代までそこで過ごします。

その後大学進学を機に東京へ進出。大学では社会学を専攻し、統計学、心理学の他、社会調査やフィールドワーク等を経験。その後就職活動にて、求職者支援を行う組織に内定が決まり、その関係で東京から大阪へ移住しました。

当時のITスキルは別に高くなく、Excelで簡単な統計表を作れたり、PowerPointでスライドを作成できる程度でした。もちろんHTML/CSSのコーディングスキルもありません。

社会人になってから

大阪にある職業訓練施設の業務系事務の部署に配属。そこでは実際には広報物・パンフレット制作のディレクションや、自社Webサイトの保守・管理運用がメインでした(他にも簡単な動画制作やスライド作成もあり、事実上の何でも屋さんでした)。

しかしそこでWebに触れたことをきっかけに、IT・Web・クリエイティブ系分野に興味を持ち、勤務後に自宅でHTML/CSS等のコーディングを勉強。さらにプログラミングも少しかじり、もっと深めてみたいと感じるようになりました。

同時に、Web業界に詳しい方から、今後伸びるといわれたWebマーケティングのことを知り、既に20代後半でWebマーケティング業界を目指すべく職業訓練施設を退職します。

退職してからしばらくは、転職に苦戦を強いられ、派遣でようやく仕事に就きますが、その後も様々な苦難は続きました(Webマーケターになってすぐの1〜2年は本当に苦しかったですね)。

その後、リスティング広告運用の仕事等を通じて着実にWebマーケティングのスキルを磨き、現在は東証一部上場の人材会社に在籍するWebマーケターとなり、現在に至っています。

このサイトについて

「IT・マーケティングを通じて人生を切り開け」をコンセプトに情報発信を行うメディアです。

このブログは、始めて私がWebマーケティングの仕事に就職する前くらいに、WordPressを使って立ち上げました。当時のWeb業界のトレンドであったWordPressでサイトを立ち上げることで、業界人の話についていけるようにと専門書籍を2冊こなす等していました(懐かしい)。

業界でやっていく意思を示すならば、まず自分でサイトの1つ立ち上げるくらいのことはやって当然だと思い、言葉で語るよりも作った実物がある方が信頼を得られると考えました。このことを評価する社長さんもいれば、「お前は将来イケハヤにでもなりたいのか?」とネガティブに捉える方もいて、結局は人次第だなと結論づけましたが。

方向性には悩むものの、最終的には「ITとマーケティングスキルを身に着けられれば、人生は変えられるのではないか」という仮説から、現在のコンセプトに落ち着きました。

将来的に最大で79万人不足が予想されている国内IT人材

経済産業省による「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2030年にはIT人材不足がますます深刻化することを報告しています。

最高位で79万人も不足するとまで予想がされているんです。これ、相当ヤバい。

しかし見方を変えれば、不足しているIT人材として自らが実力とスキルを身につけ、きちんと実績を創ることができれば、市場からは非常に貴重な人材とみなされることと同じ。

つまり、交渉次第で自らを高く売ることができるんです。

真面目に会社勤めをしていても、給与が伸びるかどうか未知数な現代だからこそ、自ら実力を磨くことによって主体的に切り開いていけば、人生は充実するのではないかと考えられるのです。

最後に:SNSもあります

このブログの他、TwitterやLINE@も運営しております。

よろしければ、フォローもしくは登録してもらえるとすごく励みになります。

Twitter

LINE@

また、私のプロフィールに興味を持たれたという方は、お問い合わせやダイレクトメール、もしくは(可能であれば)直接会ってお話できたらと思います。

よろしくお願いいたします。